teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:http://munak-server.ddo.  投稿日:2009年 7月11日(土)23時07分17秒
  http://munak-server.ddo.jp/ro_emu/  
 

http://munak-server.ddo.jp/ro_emu/

 投稿者:http://munak-server.ddo.  投稿日:2009年 6月29日(月)00時43分30秒
  http://munak-server.ddo.jp/ro_emu/  

中学生の性の性のモラルや価値観を低下させる「赤い糸」フジテレビで放映中、松竹映画上映中、子供を守れ保護者3

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月28日(水)10時18分3秒
  「赤い糸」は最初っからずーっと高校生だと思って見ていた人が多かったようだが高校受験とは「中学生」と聞いてびっくりした人が多かった。「14才の母」以上の過激さと衝撃が走る。中学生ではこんなことはありえん現実ならニューストップにあがってしまう。そしてそして!!!高校生でもこれは起こらない。友達が自分のせいで自殺。親との血縁関係が自分ない。友達がシャブ中。学校でいじめ。好きな人とは結ばれない。彼氏からの暴力。その彼氏が事故死。中学生に有害情報を注ぐのもいい加減にしろと怒りたくなる。彼氏が事故死は原作小説では出ていない。陸は生きて大学生になり新しい彼女ができているが何で映画で殺さないといけないのかある面では映画のほうが過激なのである。おそらく作者が知ってるであろう不幸な出来事を被せる被せるみのもんたが「思いっきりいいテレビ」で日本は国会ぎいが反便ずつの国にならないと良くならないというとんでもない失言も出て女性歓迎を示す左派的発言が多くあり。女性の国会議員が増えると逆に世の中は滅茶苦茶になり国家は崩壊してしまう。大阪府は女性知事の大田知事の特派府の教育などは乱れていたが男性の橋本知事は重いいった改革を実践して言い方が過激だというが過激に言わないと改革はできない。どんどん府の政治は良くなっている。優秀な男性リーダーが出現しないと国は強くならない非常に強力な男性リーダーが出現したアメリカやフランスは今後はどんどん国は強まる韓国も同じで優秀な男性リーダーが出現した。日本は女性が社会に進出する、ひ弱い国になってしまっている。問題のシーンはここだ『名シーンのナマ再現に南沢奈央&溝端淳平が大テレ!「赤い糸」初日12月22日1時9分配信 eiga.com拡大写真映画は初日だが、現在もTVドラマ版撮影中![eiga.com 映画ニュース] 中高生を中心に話題を呼び、累計4600万アクセスを超えた大ヒットケータイ小説の映画化「赤い糸」(村上正典監督)が12月20日に初日を迎え、新宿ピカデリーの舞台挨拶に主演の南沢奈央と溝端淳平、共演の木村了、岡本玲、石橋杏奈、桜庭ななみ、柳下大、鈴木かすみ、田島亮、村上監督が登場した。「赤い糸」フォトギャラリー 南沢は「芽衣が親近感のわく女の子になるよう試行錯誤しながら演じました。運命の人っていつどこで会えているのか分からないけど、だからこそ1つ1つの出会いを大切にしていきたい」とPR。一方、クールな性格の敦史を演じた溝端は「自分と真逆の役をナチュラルに演じるのが難しかった」と役作りの苦労を振り返り、「僕にとってこの作品は人との出会いや別れを見直すきっかけになった。恋愛や友情や家族愛、10代の時に誰もが経験する大切なテーマが詰まっていると思います」と語ったまた、劇中で敦史と芽衣が「運命って信じる?」「信じるよ」と言葉を交わす名シーンの撮影秘話について、南沢が「運命を信じているから抵抗なく言えました」と堂々としていたのに対し、溝端は「大切なシーンだったので、撮影前から眠れなくて」と相当緊張していた様子。すると、MCからシーンの“ナマ再現”を催促され、「マジっすか……」とドギマギしながらも再現すると、観客からの悲鳴に近い歓声が上がり、南沢も溝端も顔を真っ赤にしていた。【作品情報】・ 赤い糸 。』中学生や高校生の女子高校生が多い前でこのようなふしだらな行為を平気で行うようになった日本は小学生、中学生、高校生共に性のモラルや価値観が外国の子供たちに比べて大きく低下したことを示している。このままでは日本はフリーセックスの国になり将来はとんでもないことになりアメリカ同様に性教育を辞めて自己抑制プログラムに切り替えないといけなくなる。恋人の聖地も多くの苦情が出ていて恋人の聖地ではなくてフリーセックスの聖地になり逆に少子化に輪をかけているのではないかという苦情が相次いでいる。「赤い糸」映画公開で初日に主演の南沢奈央と溝端淳平が演じた生シーンは中学生や高校生の性の価値観やモラルを欠落させて性のハードルをさらに低年齢化させてフリーセックスの世界にして少子化を加速化させてエイズや性感染症を蔓延化させ日本を崩壊させるとんでもない行為なのだ。「赤い糸」には許せない行為が多くある「恋空」よりも過激化している日本の中学生の性を欠落させている赤い糸を今後私はとことん叩き伏せるようにネガティブキャンペーンを通して中学生や高校生の保護者達にケータイ小説や少女コミックは過激な性教育と大きな結びつきがあるので、やめるように呼びかけていきたい。日本のように過激な性教育と「コドモのコドモ」「14才の母」「赤い糸」「恋空」このような低風俗なテレビ番組は映画が多くなると。まもなく日本の人口は減少を始め、労働人口の減少、とりわけ若い労働力の縮小と消費市場の縮小による経済への影響が懸念されます。また高齢化が進むことで年金、医療、介護などの社会保障費が増加して、国民の負担が増大することも懸念されています。ただし、経済や生活は人口だけで決まるものではないので、そうした懸念を実現させないための工夫を国、自治体、企業をはじめ国民全体が協力して築いて行けるかどうかが重要な点です。そして一番大きく変わるのは、なにより日本人の生き方-ライフコースだと思われます。「日本の将来推計人口」では、現在20歳前後の女性の6人に1人が生涯結婚せず(現在は20人に1人)、3割以上が子どもを持たないこと(現在は1割)が想定されています(2002年中位推計)。これは歴史的にも例のない社会だと思われます。その他、人口減少、人口高齢化の影響は社会全体に及ぶと思われます。ただし、そうした人口構成の変化は少子化(出生率の低下)だけでなく、寿命の伸びや人口移動によっても大きく影響されます。出生率は216年には何と0,43まで落ちて日本の人口は激減してきて50年後には日本人は0人になるのである。恐ろしいことである。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%8F%E5%B9%B4 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』閏年  閏年生まれの2月29日生まれは誕生日は4年に一回は間違いである2月28日が誕生日とみなされる。なぜなら生まれた日はい日しか一生の間で起きない。他のものも閏年生まれのものも4年に一回の閏年は同じに迎えるため一生に一日だけのズレは2月28日の誕生日に振り込まれることで解決する。4年に一回の誕生日で年齢は進めない。一生の間での一日だけのズレは差し支えはないとみなされている。誕生日 平年における2月29日生まれの者の「みなし誕生日」については2月28日とするのが一般的である。理由は、誕生月はあくまで2月だからである。日本の法律でも「2月28日とみなす」と規定している(銃砲刀剣類所持等取締法(第7条の2)、外国人登録法(第11条)、道路交通法(第92条の2、第101条)。ただし、前2法では閏年においても2月28日とみなしている。)。なお、「加齢」については、日本の法律では、正確には「誕生日」の前日ではなく「起算日(ここでは生年月日)の応当日」の前日満了時(24:00)に加齢する旨規定されていることから、2月29日生まれの場合は、平年・閏年を問わず、毎年2月28日24:00であり、平年にあっては3月1日生まれの場合と同じである。(これをもって平年の「みなし誕生日」を3月1日とする者も少なくないが、法律上はあくまで2月28日である。)赤い糸のように4年に一度の誕生日は法律上はないのである。ここから「赤い糸」は矛盾しているのだ。「赤い糸」の観客は中学生女子が対象であることを忘れてはいけない。映画試写会でも中学生や高校生が性のモラルや性への価値観をなくして欠落してしまうことが行われた。この行為はフェミニストやジェンダーフリーを増やして性解放させフリーセックス化させ女性は子供を作らなくなり少子化は深刻化しているが少子化の加速化に輪をかけるとんでもない行為が行われている。今の日本はどうかしているクリスマスを恋人と過ごす日としているのは日本だけであるサンタクロースの世界的な文化まで恋愛の自由でスウェーデンも足元にも及ばないフリーセックス国になり子供を作らないから少子化は加速化していき日本は崩壊の道をたどっている。日本は女性を多くの社会に進出させ女性も男性も中性化しようとしているジェンダーフリーの国は日本だけである。外国の先進国はバカではないフランスは初の女性大統領の誕生はロワイヤル氏をサルコジ氏が大統領選挙で破り中間選挙で保守の席を増やして再び男性上位の国にしてフランスが女性大統領により衰弱化するのを防いだ。アメリカもあわや初の女性大統領誕生かと騒がれたがヒラリー氏をオバマ氏が大統領予備選挙で破りアメリカも男性閣僚が増えて男性上位社会はよみがえった。日本だけが女性が勢力をのばしてフェミニストや世界でもいないジェンダーフリーの勢力がはびこり女性総理大臣誕生のピンチであるのだ。女性が社会に進出するようになってから産婦人科のたらいまわし事件が増えている。

警戒緩めるな、まだ9館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中2

命をテーマにする映画なら、こんな題材ではなく他にもあるはず。 センセーショナルなテーマで命を扱う安易さには耐えられません。 ここまで日本映画界は落ちたかと情けなく思うばかりです。全く評価に値しない最悪の有害な映画である。  2008年の最悪映画の名誉(?)は決定だな春菜の友達は、赤ん坊を自分力で決意するのも凄いし考えられないです。『コドモのコドモ』 命の物語というには、命をあまりにも軽々しく扱っていませんか?性の知識の全くない小学校5年生の女の子が、恋愛感情のない幼馴染の同級生のコドモを身ごもってしまい、せっかく授かった命だからと、オトナたちには内緒で出産することを決意し、それをクラスメートのコドモたちも応援するというストーリー。描いたのは、コドモたちの力強さと大きな可能性の物語(ファンタジー)なんだって。それで、各界から絶賛!賞賛!のコメントが続々と到着!!だって。だから、この物語をあなたの目で観て確かめてくださいって。心で感じてくださいって。ということなのだか子を持つ親としては嫌悪感しか感じないストーリーであっても、納得させるようなエピソードがあって、すっきり爽やかな展開になるんだとばかり、思っていたのですが。けれどもそんなことはなく、冒頭に記したストーリーのまんまの映画でした。リアリティーの欠片もない内容でした。もしかしたら、“リアリティーのない物語のことをファンタジーと呼ぶのだ”と、勘違いしているんじゃないだろか?原作のコミックにはきっと、オトナには頼れないのでコドモだけでって決心するに至る過程が描かれているのだろうけれど、この映画にはそこがまるで抜け落ちているところが、致命的なのである。母親役で宮崎美子が出演している。姉役で谷村美月も、出演している。この演技力のある二人が、すごく間抜けで頭が悪くみえてしまう。演出や脚本に忠実であればあるほど、という皮肉…。とても気の毒だ。だって一緒に暮らしている娘が妊娠していることに、コドモが生まれちゃうまで気づかない親がいるだろうか?同じ部屋にいるのにもかかわらず、臨月まで妹の体の変化に気づかない姉がいるんだろうか?一緒にご飯を食べたり、ちゃんとコミュニケーションをとってる家庭なんだよ、ここん家は。保護者の描き方も判で押したようなステレオタイプで、これもまたリアリティーがゼロ。これで、既成の観念やオトナのルールにしばられないで、ピュアな心で命の尊さを感じてほしい、なん言いたいのだろうけれども、それ、完全に間違ってます。11歳の未成熟なコドモの妊娠・出産がどれだけ危険が伴うものなのか、わかってるんだろうか。しかも清潔とはいえない場所で、医者もいない、設備もないところで、コドモたちだけでって。奇跡的に無事に生まれて、類まれな安産でしたで片付けちゃうのこれって逆に、命をあまりにも軽々しく扱ってるってことでしょ。そもそも“親になる覚悟がないのに”親になっちゃいけないっての。道徳的に…なんて野暮なことをいっているわけじゃない。これは、“人間的に” もしくは “人として”という問題です。観念やルールに縛られたくないと言うのなら、人間をやめるしかないでしょう。社会に生きるのが、人間なのだから。犬や猫ではないのだから。この映画を支持するコメントを寄せている方々の中に、教育者もしくは教育に携わる人たちが多くいることがとても気がかりでなりません。性教育にも間違った知識が入りこむのである。設定自体が無理があるこの映画は何考えてこんな教育上よくない不適切な小学生出産ドラマという世界的にも制作ケースもない映画制作に1億円もの費用を使い熱を入れているのだ。「コドモのコドモ 」from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2008年10月1日 0時1分)のどかな地方都市、ほんわか顔の子役たちとムードはソフトだが、描くのは小学生の妊娠・出産とハードなものだ。賛否両論は覚悟で、命の意味をとことん考えてと呼びかけている。春菜とヒロユキは興味本位で“くっつけっこ”という遊びをする。春菜は妊娠するが、大人には相談.... ...[外部サイトの続きを読む]試写会で拝見しました。観おわった後「なぜこのテーマにする必要があったの?」と言う疑問だけが残りました。観ていて、「こんなことありえない」と思うことや「なぜ??」と思うことが多く、共感できない。つまり感動が無かった。「子供たちの演技」にこの作品は頼りすぎていないだろうか?子供たちの一生懸命さには、心が痛んでならなかった。正直、映画化されるべき作品ではなかっする必要は無かったのではないかとさえと思う。せめてR指定にすべきではないのでしょうか?観てない人の意見を気にすることはありません。 良い映画です。この映画で描かれていることは、実は世間体にばかり子だわっている大人より、浅はかで馬鹿だけども子供の方が命に対して真面目に向き合っている、という事。それとここは映画の感想を書くところで、他人の意見を批判するところじゃないよね?このように言う人が今は少ない。多くの人は映画を見て映画を批評しているは非難の声があんのじょう多い失礼ですが、監督さんにはお子さんがいらっしゃらないのでしょうか?   奥様は?  大人でも、子供を生むに当たって、物凄い費用と不安が圧し掛かります。 痛みだって、男性の方なら耐え切れない痛みだといいますよ?実際私も普通分娩を3回経験しています。あんな痛みが、果たして子供に耐えれるのか。子供目当ての性犯罪が起きている現代そういうことも考えてらっしゃるのでしょうか?『コドモのコドモ』 命の物語というには、命をあまりにも軽々しく扱っていませんか ※賛否両論のある作品です。みなさんは、どう感じましたでしょうか。 『コドモのコドモ』 監督:萩生田宏治 原作:さそうあきら「コドモのコドモ」 脚本:宮下和雅子、萩生田宏治 出演:甘利はるな、麻生久美子、宮崎美子、谷村美月、草村礼子、塩見三省、上野樹里も出演しているがみんなキャラクターは生きていない。なっきーさん。自分力で決意するのが凄いですって? 11歳の子供に何を決意できるっていうんですか? 1円も稼げない人間に何ができるっていうんですか? 決意っていうのは根拠があってはじめてできることです。 子供が子供を生みたいっていうのはただのわがままであって、決意でもなんでもない。 それを命がどうとか、友情だとか、感動っていうフィルターで映画にしているこれは作品なんて呼べない最悪なものです。こんな状況があって許されるものか?? 感動・いのち・友情ということばが踊っているが、こんな状況が自分の子どもの身に起こったと考えると、そんな安易なことばは絶対に出てこない。性教育にも間違った知識が入りこむのである。設定自体が無理があるこの映画は何考えてこんな教育上よくない不適切な小学生出産ドラマという世界的にも制作ケースもない映画制作に1億円もの費用を使い熱を入れているのだ「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 

中学生の性の性のモラルや価値観を低下させる「赤い糸」フジテレビで放映中、松竹映画上映中、子供を守れ保護者2

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月27日(火)09時59分59秒
  主人公がひたすら不幸です。何か、いいこと一つなかったような・・・可哀想でした。
空恋に続く(他にもあった?)携帯小説原作の映画ですが、若い女性にはこういうのが受けいいんですか?親近感のある設定がシンパシーを生んで、さまざまな不幸イベントを友達に起きているかのように共有してしまう!?20台男の私には共感できませんでした・・・あとラストはどういう意味?今の学生ウケを狙って作ったんでしょうが内容が薄い…フィクションだから突っ込み所満載ですが敢えて言いませんもっともっといい映画あるし携帯を手放して文庫本を読んで下さい。映画館で見終わって切実に「お金を返して欲しい」と思えた初めての作品です。1 原作の改悪。原作も魅力のある話ではないですが、それでもヒロインにはバカな子なりの魅力がありました。しかし、映画版では中途半端に「ピュアな子」に設定され、毒にも薬にもならないキャラクターに変更されています。また、原作では死なないキャラクターを自動車に轢かせて盛り上げようとする安直さにも閉口です。轢かれた瞬間に隣のカップルがニコニコとしていたのが印象的でした。2 魅力のない主人公たち。1でも触れましたが、ヒロインの中途半端ないい子ぶりに閉口します。そして何よりも解せないのが、アツシもメイも何故か「昭和のにおい」がするんです。セリフが今の中学生・高校生っぽくないんです。「中学生に見えない」という感想は、役者の体つきだけでなく、その中学生らしからぬ発言もアシストしてます。そんな中にも、今時っぽい中学生の日常が要所要所で混ざったりして何ともいえない奇妙なことになっています。主演二人の演技が下手という意見もありましたが、あの台本ではどう演じていいのかわからなかったのではないでしょうか。役者のせいにするのは酷かもしれません。3 トゥビーコンティニュード色々な方がレビューで触れていましたが、結局はTVドラマのダイジェストでしかないということです。もちろんダイジェストなので登場人物の感情はほとんど負えず、唐突な出来事や、アツシから漂う昭和のにおい、半端にいい子なメイのキャラに驚かされているうちに、あれよあれよという間に時は過ぎ、HYの主題歌が流れてきます。そしてとどめは「トゥビーコンティニュード」・・・。あとはドラマで???知らないで観てしまった身からすれば本当「お金返して」です。フジテレビさんはティーンエイジャーから小銭を巻き上げれればそれでいいんでしょうか。そういう意味ではTV局のなりふり構わない姿勢は伝わってきましたよ。映画やテレビを見た人からYAHOOレビューからも不満の声が多く噴出している。原因は「赤い糸」事態がまだ義務教育中の中学生の体と心の発達段階にあっていない。高校生でさえ厳しいドラマなのだ。今の中学生日記は2008年は校内暴力やいじめは小中高とも過去最高になったのにNHK教育テレビの「中学生日記」は中学生の問題などはそっちのけであり、フェミニストやジェンダーフリーが喜ぶ恋愛ストーリーばかりでもう中学生日記はやめてほしいと苦情が相次いでいるまたNHK教育テレビ天才てれびくんMAXも中学生特集や木曜生放送「うきうきラブアワー」で男女のケータイメール交換を指導するなど今はケータイは小学生も中学生も高校生までも持ち込み禁止の券が増えているのに天才てれびくんMAXも中学生特集や木曜生放送「うきうきラブアワー」に非難が相次いでおり学校ぐるみで視聴を中止するというバカげた現象をNHK教育テレビは起こしてしまった。「赤い糸」はこのような番組の延長線上にできたものであり、中学生では起こらない無理な出来事なのである。恋空でさえ非現実的と非難されているのに対象を中学生に下す加減知らずのスタッフのバカ興収入のことしか考えない。正月映画は恋愛物はSFに完敗した。これは子供を持つ親たちからの反発かもしてない。「コドモのコドモ」「14才の母」「赤い糸」「恋空」といった問題作は今後はもう2度と映画やテレビドラマでは制作してほしくない。子供の性の価値観やモラルを低下させて性のハードルが日本の子供たちは外国の子供たちに比べてはるかに低下しているのだ。

警戒緩めるな、まだ9館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中2

子供は産んだものの、一番大切なのは自分の人生という親が増えてきた。育児に自分の人生の時間を取られる事を、「リスク」だと言ってしまう女性達。生きたいように生きる為に子供はほったらかし。鍵を渡して、ご飯はレンジでチンさせて。今日学校であった事、聞いてほしい話を子供がしようとすれば「お母さんつかれてるから明日ね」と言ってそのまんま。自分のやりたい事が最優先になれば子供が毎日どんな出来事の中でどんな気持ちをもって生きているのかには無関心になっていく。もっと酷いのは、産んでいきなり赤ん坊を保育施設に預け、仕事、付き合いに没頭。子供に熱があろうが面倒見るのは保育所の先生。髪をふり乱して子供の為に過ごす日など一日もありはしない。そして育児はしようとすれども育てられず。夜鳴きが続けば簡単にまるで流行り病のように育児ノイローゼになりお人形みたいにじっと大人しくしていてくれない、言う事を聞かないといっては行き過ぎたせっかんで殺してしまう。こうした子供ほったらかし、育児出来ずの大人が多くなってる現代大人よりも、世間知らずゆえの真っ直ぐさで事を貫こうとする子供の方が人間らしいのではないか?そういう事がこの映画の言いたい事じゃないのかと、私は思いました。しかし子供が子供を産むなんて事があってはなりません。命が大切だと言うならなおの事。自分達の力で何不自由無く責任を持って育てていけるそういう年齢、社会的立ち位置に立たなければ命を創る事などしてはいけない。それだけはしっかりと映画の中で答えを出さなくてはいけなかった。レビューの中には子供達が力を合わせて出産に携わるシーンなどを手放しで素晴らしいと評価している方がいますが
それは大人としてあってはならないと思います。妊娠、出産、命、こんなテーマを上辺だけて美化して評価するなど大間違い。物事はどんな事でも、その立場、年齢、状況によって素晴らしい事になったり悲惨な事になったりと変化するんです。頼むから上辺だけの美談で素晴らしいなんて言わないでもらいたい。産んだ後どうなるのか、あの女の子は、あの父親の男の子の人生は男の子が18歳になるまで2人は待ち続け、必ず結婚するのか
どちらかの親が不自由なく育てればそれでいいのか赤ん坊はどんな環境でどんな問題を抱え、どれだけの精神的ダメージを受けながら育つ可能性があるのかとりあえず赤ん坊を死なせるような事が無ければそれでいいのか?人とは、社会とはそれでいいのかそれらを思えば、子供たちが協力して子供を取り上げるシーンが素晴らしいなど簡単には言えないはずだ、まともな大人なら。自分の子に性の目覚めるままに行動させ、生きさせて、責任も何も考えさせないのか。子供に良い映画だったと言うのなら産む事=命を大事にする素晴らしい行いだなどと考えさせるのは止めてもらいたい。これを見た小学生中学生に、「私ももし妊娠したら産みたい」なんてセリフを言わせるのではなく自分の歳で「もし妊娠したら…」などという事は絶対にあってはならないんだと教えてほしい。一つの命に責任を持って自分で育てていく事が大切であるからこそです。たとえ真剣にお互いが好き合っていても、今その思いのままに性行動する事、妊娠する事は愛でも何でもなく、互いを思いやれない無責任な行為なのだと私は子供に教えたいと思う。そのような事を考えました。
この映画は大人の不甲斐無さはそれなりに描けていたけれど何かもう一つ抉れていない事と見る子供に、最後まで「命」が大事ならこうなってはならない本当に「命」と「自分」を大切にするならばこれではいけないという事がいまいち伝えられない表現のままでなにか、「これでもいいのだ」といった感じで美化したままに終ってしまったのが残念だと、私は思いました。。「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。小学生の出産はここ15年間以上も起きていない。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 

中学生の性の性のモラルや価値観を低下させる「赤い糸」フジテレビで放映中、松竹映画上映中、子供を守れ保護者1

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月26日(月)10時49分52秒
  「赤い糸」は時系列が不明、魔が義務教育中の中学生の出来事に設定というところに、すべてが唐突過ぎます女の子も学芸会レベル、監督もいちから出直してください。とにかく暗くて10代の学校生活の楽しさが全くありません。何故ここまで執拗に暗いものにしたのか。明と暗があってこそ感情移入できると思うのですが。始めから終わりまで、とにかく暗い欝なエピソードの連続です。画面も薄暗くてまるでホラー映画のような雰囲気だし。
出演者もずっと暗い顔の演技ばかりで、気の毒になりました。テレビドラマと連動して公開されたこの作品。映画ではメイの目線で。そして、ドラマではあっくんの目線で。両方を見ることで相乗効果を得られるというキャッチフレーズは全くなく変態の見るわった作品でした。事実映画館には中年のロリコンのおじさんが多くいました。携帯小説で人気だったこの物語。ケータイ小説は過激で売れてテレビ化は今後は非常に危険である。中にはこれは実話ですと書かれて、何と幼稚園児のセックスや妊娠、出産まで書かれていてこれは大ウソだとばればれのケータイ小説もあふれている。まだ子供の中学生の恋愛模様を描くラブストーリーは描くのは無理である、彼らの関係を中心に色々なことが巻き起こるが現実の世界の当てはめるとひとつでも起きるとマスコミが騒ぎだしとんでもない事件に発展する事件ばかりである。青春を謳歌し、毎日が笑顔で満ち溢れる!そんなハッピーな等身大な出来事が多く一番多くの夢ができるのは中学生時代である。友だちとの関係や家族とのことをはじめ、様々な要素が含まれて居るがどれも非常に暗いのだ。映画単体でもまとまっていると思えない映画はドラマのダイジェストのようなものだ。ドラマを観ることで、その始まりと終わりをしっかり見届けることが出来る要にしかけたのはいかにも腐った民放フジテレビらしい気がする。テレビドラマはまだ放映中だが放映の旅に中学生の多量に有害情報が注ぎ込まれて多くの日本政府機関に影響を与えている。偶然にも2月29日という、特別な日が誕生日だったメイと敦史。これは別に珍しいケースではない。端末みなし誕生日は2月28日生まれと法律上でなっていて一生で1日しかずれない。他の誕生日の人も全員閏年巳も普通の年も経験する閏年の年はだれでもすぐにわかる方法はオリンピックが開かれる年が閏年なのだ。アメリカ大統領選挙もこの時に行われる。その特別な出来事を、運命と感じ、惹かれあうふたりとは、ドラマの無理やりのくっつけもいいところだ。原作小説ではみなし誕生日は出てこない。そんなふたりの関係にも、いくつかの運命の糸が絡みつき、様々な方向へ動いていくことは原作「赤い糸」は年齢が社会人になるまで描いているが中学生編「赤い糸」だけでなく高校生編「赤い糸destiny」や社会人編「赤い糸precious」まで中学生に詰め込むからドラマに無理が大きく出て中学生では考えられない出来事まで描かれることになってしまった。中学生ドラマとしてはこんなドラマはもう2度と制作してほしくない。携帯小説というだけあって、色々な展開がたくさん詰め込まれているが。高校生編「赤い糸destiny」や社会人編「赤い糸precious」まで中学生に詰め込むからドラマがおかしくなる。ベタ、欲張りすぎな感じなんかとはかけ離れている。都合のよい少女マンガのような展開がつづく。彼らにまつわる人々にはたくさんの衝撃的な出来事が起こり、ふたりは心を痛める内容自体も無理がある。なぜに、ココまでこの子達にそんな過酷な出来事ばかりが起こるのか?今の世の中に蔓延る、様々な問題すべてを集約したようなことを設定を中学生にした制作者の手加減知らず。ラスト、つづく…な感じで終了なので、これは、ドラマも観せようとするフジテレビの制作、視聴率稼ぎの意図の丸出し、毎週多くの苦情が多くの保護者から相次いで起きている。

警戒緩めるな、まだ9館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中1

この映画を制作した人たちは、いったい何を考えてこの映画を製作したのだろう。女子高校生が主人公の「恋空」でさえあれほど批判を受けているにもかかわらず、今度は小学5年生の少女の妊娠ですか?最近、週刊誌の記事を読んでショックを受けたことがあります。アジアのある貧しい国で幼い少女達が売春をして妊娠・・ まだ幼いのに子育てを強いられ、そしてその子供を養うためにまた売春をしなくてはならない・・しかも少女を買う客の多くが日本人だとか・・(日本人としてホント恥ずかしい・・)妊娠してしまった少女達の多くは、難産のため死んでしまうのですよ。体が成熟していないのに妊娠なんてもってのほかですし、奇跡的に無事に産まれたとしても、いったい誰が責任をもって子供を育てるのか?しかもこの映画について監督は「ファンタジー」と言ってるんだとか・・この映画を観て小学生の女の子達が真に受けたらどうするんですか?言いたいことはまだいっぱいある生理がはじまる小学生の高学年女子に性教育が必要なのは当然ですが男子には性教育小学生では必要ではない。この映画の内容では性教育にもなっていません。この映画はぜったい小中学生の少女達に見せてはいけません。映画を見た私は強く強く抗議します!しかもジェンダーフリーの映画として作成されるのだ。ジェンダーフリー=悪である前提で、「コドモのコドモ」も悪であるという暗黙の指摘「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。「くっつけっこ」を見ることで、子供が悪い影響を受ける、という指摘。小学生どころか、18歳以下でも妊娠は危険です。こういった現状を見ても、子供が子供を産むことの素晴らしさなんて、言えるんでしょうか?制作に対する批判。11歳の少女に子を産ませなければ愛を語れないほど貧弱な人間観しか持っていないといえるのではないか?「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。正直、この制作グループに乗せられてこのような映画を嬉々として持ち上げ、賞賛、宣伝してきた人々の余りにも軽率で軽薄な単細胞ぶりに驚くばかりである。小学生の子供に、「くっつけっこ」と称する性交をさせ、妊娠、そして出産・・・。どう考えても、これって【児童への性的虐待】ではないですか。それを映画撮影という理由で、幼い子供に疑似体験させるなんて、大人のエゴとしか言いようがありません。この映画には、たくさんの子供たちがオーディションに参加し、その中から役が決められたそうですが、子役の親たちも、どういう映画なのか、その内容をちゃんと分かってたんでしょうか。分かって我が子を送り出したとしたら、子役の親達にも問題があるのではないか・・・と思います。ヒロユキのような小学生の父親は世界でも一人も確認されていない。10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。コドモのコドモ」を見たは私は非常に悪質な作品だと思います!タイトルは『コドモのコドモ』だけど、大人向けの内容だと思いました。今の世の中をまったく表現できていません!!子供たちは優等生風であり現実の子供らしくなかった。ちょっと変なことを言ったら仲間はずれになっちゃうとか。弱いといじめられるとか。こーいうのは昔もそうだったと思うけど。子供の世界はまったく表現できていないと思う。それに、大人の世界も。情熱はあるんだけど、いまいちうまくいかない若手教師とか。モンスターピアレンツ的発言もありましたね。親側の。勝手なことばかり言って、人を助けたり、支えようって気持ちがまるでないのは、今の世の中にもあてはまりません思いました。昔も今も親が子を思う気持ちは変わりません。八木先生は現実にはいない教師で現実の世界なら即、首になります。親のモンスターピアレンツ的発言が本当は現実的です。さてさて。肝心のはるなちゃんはとても子供らしくてかわいかったですがかわいいぶんこの映画はマイナス要因に働いた。身長が132cmしかなかった5年生では出産は帝王切開手術でも命がけになり大変なのです。出産状況からは母子ともに即死状態になるはずですがこれが安産なのであきれてものが言えません。語尾に~だし ってつくのが今時ですかね。子供は子供だから、後先のことまで考えられないけど、でも、その時その時一生懸命になってみんなで協力していく姿はこれは思い返せばまねをすると大変な危険なゲームになる思いました。子供には見せられた映画ではありません。心の中に怒りが爆発する映画でした。お母さん役の宮崎美子ほど自分の娘の妊娠に全く気がつかない悪質な母さんです。デトロイトメタルシティの時もいいお母さんとは大違いです。笑顔がステキな、あんなお母さんとは裏腹に悪質なお母さんに腹が立ちます。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して申告に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート20

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月25日(日)11時33分5秒
  今日の愛媛新聞の「ヤング落書き帳面」に高校生の危険だが、良く考えさせられる恋愛返信記事が掲載された。高校生の危険だが、良く考えさせられる恋愛返信記事そのまま掲載。

=好きな人を「奪う」表現がよくない えい(17)=

7日付「本当に好きなら彼に話しかけて」の千里さんへ。大好きな彼氏がいる立場なのかもしれませんが、あなたの投稿を拝見し、失礼ですが、不快な気分になりました。大体「奪う」などという言葉は、まるで「物」のようです。そこまでするのは、本当の愛ではないと思います。もちろん自己アピールしたり、積極的にアタックするのはステキなことで、私も経験しています。好きな人がいても、あきらめなくていいと思います。でも、「でも彼女がいないところで・・・」とか「奪う」という表現はいかがなものかな。歌に「君と好きな人が100年続きますように・・・」という歌詞がありますが、そんな思いはないのですか?好きな人の現在の幸せを壊したいとは願わないのでは・・・。ずいぶん失礼な言い方をしましたが何かを感じていただけたら幸いです。(松山市・女子)

えいさんという人のアドバイスはヤン落デスクのアドバイスよりも遥かに多くの説得力がある。言葉狩りをすればヤン落デスクは恋愛記事大好きで恋愛時期が出れば多くの顧問とは恋愛記事中心に書いていく。しかし失言が多い。恋愛記事や恋愛記事返信記事は内容は小学生でも大人でも文章表現は同じで小学生の場合は習っていない感じや文法の文章表現で書かれている怪しい面もある。恋愛記事中心のコーナーで送られてきた恋愛記事を手ない死して載せていることも考えられる。恋愛に「奪う」という言葉はえいさんの言う通りこれは恋愛を物扱いにしているこのような子供が結婚しても今は離婚が多く結婚制度まで反対者が増えているのは、今日のえいさんが鋭い指摘をしたような子供が増えているからなのだ。「奪う」という言葉は恋愛記事では失言である。しかしえいさんも危険な面がある。積極的な恋愛を推奨しているのは同じであること文章表現の間違いは指摘していても考えは全く同じであること。そしてなんといっても文末の「好きな人の現在の幸せを壊したいとは願わないのでは・・・」この意味不明な文章が非常に危険である。

NHK教育テレビ「ヒミツのちからんど」「シャボン玉ファンタジーショー」(後編)チャンネル :教育/デジタル教育1 放送日 :2009年 1月24日(土) 放送時間 :午後6:50~午後7:15(25分) ジャンル :趣味/教育>幼児・小学生 番組HP:- 埼玉県三芳小学校の6年生100人が「シャボン玉ファンタジーショー」に挑戦!後編では、細かな技を要する“テクニックシャボン玉”をマスターして幻想的なショーを披露。埼玉県三芳小学校から2週連続の公開収録で、6年生100人が紅白のチームに分かれ、「シャボン玉ファンタジーショー」に挑戦する。後編では、シャボン玉の中に小さな玉を入れるなど、細かな技を要する「テクニックシャボン玉」をマスター。体育館で下級生たちに披露する。前代未聞のショーに向け、日々の練習で試行錯誤する生徒たちの姿をドキュメント。子どもたちが自分で作る楽しさ、工夫することの楽しさを発見する姿を描く。小学生の教育番組までフェミニストやジェンダーフリーの猛威で小学生の性のモラルや性の価値観や性のハードルが大きく下がる。小学生や中学生向けテレビ番組の番組の質の低下とシャボン玉大会で優勝者に優勝したものには「キス」のプレゼントと有害不適切用語が出て小学生の性もモラル崩壊の基をNHK教育テレビが作っているのに驚きます。日本政府、文部科学省や厚生労働省はいくら政治が乱れてるとは言えこんな不適切な放送放置はひどすぎます。NHK教育テレビにも抗議のメールを送りましたが日本政府にも今放送中の不適切な番組を確認してください。埼玉県三芳小学校はどういう教育をしているのかこの小学校はジェンダーフリーが通っている過激な性教育が行われている学校ではないかという悪魔でもこれは憶測ですが多くのとんでもない非難が出ています。こんなに有害なエロ放送で高額な受信料を取られる国民はたまりません。「ヒミツのチカランド」までR=15になっては困ります。

「赤い糸」第6話の感想について。沙良の自殺事件の騒動から始まりまったが、こんな騒動を中学校の先生達は何の指導もしていない放置状態である。芽衣の母は淳史と芽衣を芽衣の里子の話を切り出し別れさせようとしているが。これは大人の汚い世界の丸出しでまだ義務教育中の中学生に切り出して話すことは義務教育中の中学生に話すべきことではない。芽衣のケータイに多くの脅迫メールがきて女子の声で「死ね」と脅迫文もある。沙良の事件は完全に芽衣には罪はない沙良のほうが100%わかる。知り合いの弁護士似たづ寝たところこのようなケースは弾劾裁判で芽衣はあっさり勝つことがわかった。芽衣の保護者が黙っているのはおかしい。淳史の家では麻美がいてゴミ出しの仕事をしていた。中学生の女子同士の男子の取り合いの三角関係は危険で有害だ。時には暴行事件の発展する恐れもある。芽衣が学校に行くと芽衣の靴がいたずらされていた。修学旅行で自殺未遂をした沙良は記憶喪失になって転校して行くことになる。芽衣や美亜、優梨達はお見舞いに行ったが記憶喪失状態だ。沙良の母は「もう沙良を忘れてください」と言っているが沙良の保護者は現実ならモンスターペアレント状態になり、こんな生易しいことで芽衣を普通は許すわけはない。両家庭の大げんかに発展するだろう。沙良の事件の後、芽衣は陸と近づいていく。原作はここから陸は淳史に変わり高校受験が終わり「赤い糸上・下」が終わるまで陸は芽衣の初めての彼氏になってセックスもコンドームなしで行うほどの彼氏になって淳史から主役の座を奪っている。しかしキャラクターの設定変更が多すぎである。芽衣は沙良のことは自分が招いた災難のように思いこんでいますがこれは芽衣には現実なら何の罪もない。自殺未遂した羅沙良のほうが明らかに悪い。中学生では失恋から自殺というケースはない。淳史も原作と違い芽衣の問題で悩んでいますが中学生がこんなに受験シーズン前に悩むと受験勉強に響く。原作小説では社会人になって結婚してパぴーエンドだがテレビドラマは中学生時代にまとめてしまい高校進学と同時にドラマは終了してしまうようだ。芽衣は学校に登校したが、黒板には芽衣の嫌がらせの言葉が書かれておりケータイのメールと一致した。現実の教育現場は日直の先生が朝早く校内巡視を行い帰りも校内巡視を行うから、現実の教育現場では、巡視した状況は学担に知らされますから、こんなことは起こりません。陸は沙良の事件は「自分のせいで攻めるなら自分を責めろ」と言っ
ていますが。級友は何と沙良の事件は芽衣のせいにして芽衣に「死ね」と罵声を浴びせています。こんな学級崩壊を中3で起こせば現実では学担は変えられ学担は指導不足教員認定されます現実の教育現場は学園ドラマにはならないほど厳しいのである。芽衣の母は淳史に芽衣の生い立ちについて話し始めました。芽衣の本当の母、町子のことが出ました。芽衣は友人の町子の夫が大事件を起こして投獄されて町子はその間に死んでいます。芽衣は友人、町子の子で里子です。ここは原作と一致していますが原作は中3の時芽衣のことも原因の一つになり大げんかして離婚しています。しかしテレビドラマは離婚場面は飛んでいます。淳史は芽衣のことを幼い時の記憶を思い出していますが、保育園年長になるまで普通の子は記憶がないといっています。始めての記憶は5歳の中間が圧倒的に多いことが学校の先生のアンケートで分かっています。ドラマでは淳史は幼児の記憶も残っていて淳史は、やはり芽衣のことが好きで芽衣と別れる決心をしました。芽衣の里子は原作と一致していますが内容は原作と大幅変更です芽衣の両親は中3の修学旅行の前に両親は一度離婚して高校生の時に父の癌の手術がきっかけで復縁しています。芽衣は母親に付くが春菜は父親に付いていきます。この大事な部分が飛んでいます。淳史は転校することになり
ましたが原作では転校はありません。 学校に来ない淳史に心配したサッカーの彼氏、夏は淳史を励ましています。夏は優梨を原作では妊娠させていますが。今後妊娠はあるのかも注目ですがあれば内容はまた中学生の妊娠かと叩き台になります。芽衣は淳史に夜に愛に行きました。淳史は芽衣と無理やり別れようとしています。芽衣は意味がわかりません転校のことを聞き驚く芽衣、大人のドロドロしたいやらしい世界を義務教育中の中学生の子供に教えるのは残酷です。芽衣の話も芽衣の里子のことは最低でも高校卒業までは伏せるべきです。これは単に大人の事情の有害な部分を中学生に与えることになるだけです。夏は淳史は変だったと芽衣に伝えました。麻美とも淳史はお別れです。麻美は淳史と幼馴
染、麻美は淳史と接近しました。芽衣は淳史に会いに行き麻美との仲を見て芽衣は淳史と別れる決心をしました。ここもドラマと原作は180度変わっています。どうもまだ義務教育中の中学生のドロドロした恋愛や大人の世界の汚れた世界を見せる有害ドラマもいいところです。中学生対象に恋愛ドラマを描く事態が大きな無理があります「14才の母」以上に中学生ドラマとしては「赤い糸」のほうが遥かに危険です。また日本の子供たちは学校で行われる過激な性教育や「コドモのコドモ」「14才の母」「赤い糸」「恋空」といった有害不適切なテレビドラマや映画、さらに民放の「モクスペ伸介VS世界の子供たち」「鉄腕ダッシュ」「世界の果てまでイッテQ」「家族でない人クイズ」NHK教育テレビでも「ぜんまいざむらい」「味楽る!ミミカ」「おじゃる丸」R=15番組化したといわれる「天才てれびくんMAX」などその他でも小学生や中学生幼稚園児まで性を連想させることを言わせる不適切な番組が増えたので日本の子供たちの性のモラルや性の価値観はアメリカなど北欧諸国や欧米先進諸国やアジアでも中国や韓国の子供たちに比べて3分の1以下に低下してさらに6分の1まで低下していることがわかった。今でも日本の小学生、中学生、高校生の性のモラルはさらに下がり続けている。アメリカではオバマ大統領は去年の起きた17人高校生集団妊娠事件が「JUNO」の影響を受けたと妊娠した高校生の話を受けて「子供たちの有害な情報を与えるテレビ番組や映画は今後は許さない 性教育ではなく自己抑制プログラムを実行する」と教育にも力を入れることを表明した。「JUNO」はオバマ大統領により上映中止状態に追い込まれた。小花大統領の方針では15才以下の妊娠や出産はテレビドラマ化や映画化は「青いサンゴ礁」からは中止されたが高校生17人の集団妊娠事件が「JUNO」の影響がわかり「18歳以下の妊娠や出産のテレビドラマや映画は作ってはいけない」とスパッとオバマ大統領はラインを取るようである。日本も性教育はやめて自己ゆく聖プログラムに切り替えて行くべきだが日本には残念ながらオバマ大統領やフランスのサルコジ大統領のような強力な男性リーダーがいないためフェミニストやジェンダーフリーの左翼たちが猛威をふるいフリーセックスになるような世界にしてしまいなんでも恋や恋愛に結びつける恋愛お笑いバラエティー番組ばかりになり大変な時代になったのだ。奈央高校3年生の性経験はアメリカは2年続けて再び上昇に転じていたが2008年は再び減少高校3年生女子の性経験は36%である、日本は高校3年生女子の性経験は何と96%である高校3年生ではなんともう4%しか処女はいないのだしかし男子に異性に関する価値観は変わっておらず結婚は処女でないといやだと98%の高校3年生男子はアンケートで答えている結婚状況はこれからはますます深刻になってくるのは間違いない。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中20

この映画を制作した人たちは、いったい何を考えてこの映画を製作したのだろう。女子高校生が主人公の「恋空」でさえあれほど批判を受けているにもかかわらず、今度は小学5年生の少女の妊娠ですか?最近、週刊誌の記事を読んでショックを受けたことがあります。アジアのある貧しい国で幼い少女達が売春をして妊娠・・ まだ幼いのに子育てを強いられ、そしてその子供を養うためにまた売春をしなくてはならない・・しかも少女を買う客の多くが日本人だとか・・(日本人としてホント恥ずかしい・・)妊娠してしまった少女達の多くは、難産のため死んでしまうのですよ。体が成熟していないのに妊娠なんてもってのほかですし、奇跡的に無事に産まれたとしても、いったい誰が責任をもって子供を育てるのか?しかもこの映画について監督は「ファンタジー」と言ってるんだとか・・この映画を観て小学生の女の子達が真に受けたらどうするんですか?言いたいことはまだいっぱいある生理がはじまる小学生の高学年女子に性教育が必要なのは当然ですが男子には性教育小学生では必要ではない。この映画の内容では性教育にもなっていません。この映画はぜったい小中学生の少女達に見せてはいけません。映画を見た私は強く強く抗議します!しかもジェンダーフリーの映画として作成されるのだ。ジェンダーフリー=悪である前提で、「コドモのコドモ」も悪であるという暗黙の指摘「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。「くっつけっこ」を見ることで、子供が悪い影響を受ける、という指摘。小学生どころか、18歳以下でも妊娠は危険です。こういった現状を見ても、子供が子供を産むことの素晴らしさなんて、言えるんでしょうか?制作に対する批判。11歳の少女に子を産ませなければ愛を語れないほど貧弱な人間観しか持っていないといえるのではないか?「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。正直、この制作グループに乗せられてこのような映画を嬉々として持ち上げ、賞賛、宣伝してきた人々の余りにも軽率で軽薄な単細胞ぶりに驚くばかりである。小学生の子供に、「くっつけっこ」と称する性交をさせ、妊娠、そして出産・・・。どう考えても、これって【児童への性的虐待】ではないですか。それを映画撮影という理由で、幼い子供に疑似体験させるなんて、大人のエゴとしか言いようがありません。この映画には、たくさんの子供たちがオーディションに参加し、その中から役が決められたそうですが、子役の親たちも、どういう映画なのか、その内容をちゃんと分かってたんでしょうか。分かって我が子を送り出したとしたら、子役の親達にも問題があるのではないか・・・と思います。ヒロユキのような小学生の父親は世界でも一人も確認されていない。10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。コドモのコドモ」を見たは私は非常に悪質な作品だと思います!タイトルは『コドモのコドモ』だけど、大人向けの内容だと思いました。今の世の中をまったく表現できていません!!子供たちは優等生風であり現実の子供らしくなかった。ちょっと変なことを言ったら仲間はずれになっちゃうとか。弱いといじめられるとか。こーいうのは昔もそうだったと思うけど。子供の世界はまったく表現できていないと思う。それに、大人の世界も。情熱はあるんだけど、いまいちうまくいかない若手教師とか。モンスターピアレンツ的発言もありましたね。親側の。勝手なことばかり言って、人を助けたり、支えようって気持ちがまるでないのは、今の世の中にもあてはまりません思いました。昔も今も親が子を思う気持ちは変わりません。八木先生は現実にはいない教師で現実の世界なら即、首になります。親のモンスターピアレンツ的発言が本当は現実的です。さてさて。肝心のはるなちゃんはとても子供らしくてかわいかったですがかわいいぶんこの映画はマイナス要因に働いた。身長が132cmしかなかった5年生では出産は帝王切開手術でも命がけになり大変なのです。出産状況からは母子ともに即死状態になるはずですがこれが安産なのであきれてものが言えません。語尾に~だし ってつくのが今時ですかね。子供は子供だから、後先のことまで考えられないけど、でも、その時その時一生懸命になってみんなで協力していく姿はこれは思い返せばまねをすると大変な危険なゲームになる思いました。子供には見せられた映画ではありません。心の中に怒りが爆発する映画でした。お母さん役の宮崎美子ほど自分の娘の妊娠に全く気がつかない悪質な母さんです。デトロイトメタルシティの時もいいお母さんとは大違いです。笑顔がステキな、あんなお母さんとは裏腹に悪質なお母さんに腹が立ちます。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して申告に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート19

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月24日(土)13時15分58秒
  とても考えられない「赤い糸」は、ドラマ自体がばかだろ ドラマは芽衣が高校生になった時から急激に正常化して性描写も少なくなっている。芽衣のようなことを行うと普通は高校進学はできない飲酒や喫煙でも駄目だがセックス、レイプ、妊娠、中絶とこんなに問題の多い子を引き取る高校があるわけはない。芽衣が高校生になった時のドラマのあらすじは『<赤い糸 -destiny-のあらすじ> 時は流れ、芽衣は高校2年生になった。芽衣の親友の優梨に子供が生まれ、昔の仲間たちが集まることになった。そこで芽衣は、新しい恋人と一緒にいるアツシの姿を見つけ、心を痛める。もう気持ちに迷いはないと思っていたはずなのに、再び動き始める芽衣の運命。やがて、父親ががんに冒され、芽衣は落ち込んでいたが、手術が成功し安心する。手術の帰りに立ち寄った神社の絵馬にはアツシが芽衣の父親の無事を祈る言葉がつづられていた。その言葉を見て、アツシへと心を動かされる芽衣。その後、芽衣がドラッグパーティーから持ち帰ったヤクを、かつて芽衣と一緒に輪姦されてしまったことのある親友の美亜が使ってしまい薬物中毒に陥る。芽衣は薬中になってしまった 美亜への対応に悩みつつ、アツシの彼女の麻美からの嫌がらせにも苦しめられるようになる。
やがて芽衣は、麻美と別れたアツシと正式に付き合うようになるが、境界性人格障害である麻美の嫌がらせは止まらなかった。麻美は、経営がうまくいかないアツシの母親の店への融資の件や、芽衣の輪姦事件をネタにして、なんとかして芽衣とアツシを別れさせようと画策する。しかし、目の前で芽衣を救うために車にはねられたアツシを見て、麻美の嫌がらせは止まる。そののち、芽衣とアツシの二人は見事結ばれる。物語の最後に、芽衣の本当の両親の話が語られる。アツシは自殺した芽衣の実母のホステス仲間の子だった。運命の赤い糸って…きっとある気がする。』エンドは「恋空」とは逆のハピーエンドであり感動は薄れる。 糞ドラマなので。かなり視聴者離れた。ケータイ小説時点で期待できない人も多かったんだろう。最近スタートのドラマは中学生や高校生のドラマはラブレターで人々はおなかいっぱいになってきている。現実の教育現場では起こらないことばかり描くNHK教育テレビの「中学生日記」の非難もひどい。「天才てれびくんMAX 中学生特集木曜生放送うきうきラブアワー」への非難も大きい。まだ未成年のタレントを今は屋は苦から汚しすぎている。また小説では東京だったらどこでも明るくて人がいるから駐車場でレイプなんかありえない。すぐに他人に気づかれてしまうのだ。ドラマも現実離れの矛盾が多く「コドモのコドモ」のようなファンタジーで逃げている面が小説を読破してわかり実話という言葉がファンタジーの上に乗っかっている恐怖感を私は覚えている。ケータイ小説(笑)って レイプや妊娠やクスリや病気や自殺ってのが本当にあったことです。と書かれているのが特徴である。私もケータイ小説の有害さを危惧してケータイ小説も読めてインターネットもできるケータイを持っている。溝端は避けられているどこが良いのかわかんない。加えてあのヒロインでもない物語がつかみにくい。 初回から中学生のドラッグや深夜徘徊とまともな青春ドラマにはならない。 1話目は中学生の発達段階ではシャレにも恋愛ドラマにならない。NHK教育テレビの「中学生日記」でもひどい非難が出ているのだ。この先どうドラマ化されるかはわからないがスイーツなドラマは初回から壊れている。映画絡みでこの時期に初回にした意図ははっきりとわかる。しかし、時期は新番組見ようって気には人々はならないのである。商業ドラマ臭、少しは消さないといけない。 最初からテレビドラマと映画化同時並走は成功例はSFしかケースがない。 映画公開の後の視聴率がどうなるかも気がかりである。映画が「恋空」の要の甘利に性描写が露骨だとテレビドラマは映画の後は保護者が子供に見せたくない番組に指定して視聴率は必ずダウンする。 番宣とかCM(コラボのつもり?)とか ごり押しとか映画への集客とか そんなのばっかり目についてイヤになるドラマだ視聴者をナメてる。 『恋空』みたいに、映画大ヒット → ドラマ化でも、あんな悲惨な視聴率だったのに、これじゃ、ドラマも映画も悲惨な事になりそうな気がする。問題は中学生という低年齢の過激なセックス、レイプ、妊娠、中絶、飲酒、ドラッグと有害な情報を注ぎ込む要素しかないからだ。 もう、携帯小説のドラマ化自体、良識ある人々からは飽きられてる。また小説最悪すぎる。主人公に全く共感出来ない。主人公はただのヤリマソ。あっくんはただのヤリチソ。という感覚の物語でしかない。途中のドラマは映画を見ても性的な描写の部分に目がいき中学生や高校生は見やしない。また「恋空」「コドモのコドモ」のようにロリコンファンのほうが多いことも考えられる。「コドモのコドモ」は映画がこけたが90%が中年独身男性のロリコンであることがアンケートで分かって映画会社も驚いている。携帯小説でも僕たちと駐在さんみたく身近で素朴なのなら良いんだけど ただの腐女子目線だと引かれても仕方ないと思う。原作読んだときは舞台に田舎を想像してたがドラマでは舞台東京だ。 東京であの話の展開はありえない。田舎でも今では「赤い糸」の話の展開は起きない。 2回目はハチワン子供の時に麻薬である。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中18

10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。コドモのコドモ」を見たは私は非常に悪質な作品だと思います!タイトルは『コドモのコドモ』だけど、大人向けの内容だと思いました。今の世の中をまったく表現できていません!!子供たちは優等生風であり現実の子供らしくなかった。ちょっと変なことを言ったら仲間はずれになっちゃうとか。弱いといじめられるとか。こーいうのは昔もそうだったと思うけど。子供の世界はまったく表現できていないと思う。それに、大人の世界も。情熱はあるんだけど、いまいちうまくいかない若手教師とか。モンスターピアレンツ的発言もありましたね。親側の。勝手なことばかり言って、人を助けたり、支えようって気持ちがまるでないのは、今の世の中にもあてはまりません思いました。昔も今も親が子を思う気持ちは変わりません。八木先生は現実にはいない教師で現実の世界なら即、首になります。親のモンスターピアレンツ的発言が本当は現実的です。さてさて。肝心のはるなちゃんはとても子供らしくてかわいかったですがかわいいぶんこの映画はマイナス要因に働いた。身長が132cmしかなかった5年生では出産は帝王切開手術でも命がけになり大変なのです。出産状況からは母子ともに即死状態になるはずですがこれが安産なのであきれてものが言えません。語尾に~だし ってつくのが今時ですかね。子供は子供だから、後先のことまで考えられないけど、でも、その時その時一生懸命になってみんなで協力していく姿はこれは思い返せばまねをすると大変な危険なゲームになる思いました。子供には見せられた映画ではありません。心の中に怒りが爆発する映画でした。お母さん役の宮崎美子ほど自分の娘の妊娠に全く気がつかない悪質な母さんです。デトロイトメタルシティの時もいいお母さんとは大違いです。笑顔がステキな、あんなお母さんとは裏腹に悪質なお母さんに腹が立ちます。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して申告に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。産んだ後どうなるのか、あの女の子は、あの父親の男の子の人生は男の子が18歳になるまで2人は待ち続け、必ず結婚するのかどちらかの親が不自由なく育てればそれでいいのか赤ん坊はどんな環境でどんな問題を抱え、どれだけの精神的ダメージを受けながら育つ可能性があるのかとりあえず赤ん坊を死なせるような事が無ければそれでいいのか?人とは、社会とはそれでいいのかそれらを思えば、子供たちが協力して子供を取り上げるシーンが素晴らしいなど簡単には言えないはずだ、まともな大人なら。自分の子に性の目覚めるままに行動させ、生きさせて、責任も何も考えさせないのか。子供に良い映画だったと言うのなら産む事=命を大事にする素晴らしい行いだなどと考えさせるのは止めてもらいたい。これを見た小学生中学生に、「私ももし妊娠したら産みたい」なんてセリフを言わせるのではなく自分の歳で「もし妊娠したら…」などという事は絶対にあってはならないんだと教えてほしい。一つの命に責任を持って自分で育てていく事が大切であるからこそです。たとえ真剣にお互いが好き合っていても、今その思いのままに性行動する事、妊娠する事は愛でも何でもなく、互いを思いやれない無責任な行為なのだと私は子供に教えたいと思う。そのような事を考えました。この映画は大人の不甲斐無さはそれなりに描けていたけれど何かもう一つ抉れていない事と見る子供に、最後まで「命」が大事ならこうなってはならない本当に「命」と「自分」を大切にするならばこれではいけないという事がいまいち伝えられない表現のままでなにか、「これでもいいのだ」といった感じで美化したままに終ってしまったのが残念だと、私は思いました。。「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート14

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月19日(月)10時29分30秒
  「赤い糸」第5話を見て感じたことは、6年前の淳史からスタートである。過去の思い出だ。淳史の母にこの時にすでにドラッグにより異変が起きている。ドラッグを中学生に見せるのは良くない。原作では淳史事態がドラッグ中毒で芽衣もヤンキーでドラッグやたばこや飲酒に溺れているがさすがにここは苦情が出るので改変されていた。修学旅行でもおかしいところがありテレビドラマではつじつまが合わないようなジャンプが見られてドラマ自体が見抜くい。女子中学生の沙良の飛び降り自殺未遂事件である。好きな男子にふられたぐらいで飛び降り自殺する女子中学生がいますか、また沙良のような自殺未遂事件が起きればどんな中学校でも修学旅行はただちに中止になり早く切り上げて帰ってきて新聞社やテレビ報道や保護者会で大騒ぎになります。現実を考えてもここはふざけすぎていますね。淳史の母は薬物依存症、芽衣の母は芽衣のことを思い淳史に芽衣と別れろという。沙良が飛び降りたのは陸にふられたのが原因です。「赤い糸」は子供の命を粗末にしたり薬物など有害情報を中学生に入れすぎている。飛び降り自殺はドラマのようには隠せません。現実離れもひどくドラマが軽いのだ。陸が責められて喧嘩になり美亜が止めました。しかし男が興奮すると女子の力では男子の喧嘩は止められないことは女子生徒達もわかり空想がはっきりしすぎている。女子の力では男子の喧嘩は止められないのだ。最近はフェミニストやジェンダーフリーの十流作家が増えて男子と女子をあべこべに描くケースが多く今の子供たちは。甘利にい次元のドラマを見せられすぎている。ここも小説である。ここで春菜は本当の子、芽衣は里子の正体は夫婦の会話で出ました。こういう里子のような人間関係を出すことも有害です。家庭解体です。淳史の母と芽衣の母は幼馴染です。ここは原作の小説と大幅に改編されています。麻美がきました。淳史の親代わりの神主さんです。麻美は原作では「赤い糸destiny」では淳史が好きで芽衣をいじめるところが、はっきり書かれていますが麻美の設定が違っていますね。淳史は麻美が来て驚いています。これほどの恋愛のもつれは中学生では起きません高校生でも無理です。大学生ならわずかの確率で起こります。社会人でも23歳過ぎた社会人の世界です。芽衣は陸と話しています。原作ではここから陸は芽衣の本当の彼氏になっていますが。ここも設定が違います。淳史は母のドラッグのことを麻美に話しています。原作では淳史そのものがドラッグ中毒だったのですがここも設定変更ですね。麻美は淳史によくわかるように話していますが原作と違いすぎです。芽衣は陸と一緒に話しています。深夜徘徊は中学生にはよくありません。有害です。芽衣は朝起きして家族と話しているが何か異様な雰囲気です。芽衣は沙良にウソついていたため自殺未遂したことが学校でうわさになり広がり始めました。原作とは違い淳史の母は医者から説教を受けています。淳史は母親に薬物を売っている犯人と交渉を始めました。ドラマの世界が中学生では修羅場であり有害情報があふれていますね。芽衣がうそつき呼ばわりされる噂が立つ理由もおかしいです。騒ぎにもならない保護者会も開かれない。このドラマは現実離れしすぎで中学生の発達段階にあっていません。中3の夏休みは原作では陸の主役の場面ですがテレビドラマではみんな淳史がいいところを持って行っています。これでは高校生編「赤い糸destiny」はできなくなります。ドラマにますます中学生だけの設定となり無理が出てきます。中学生の自殺未遂、深夜徘徊、ドラッグ、激しい恋愛感情のもつれ、どれをとっても中学生には有害情報を与えるばかりで良いことはありません。中学生という設定に大きな無理がある。来週は芽衣の家族の複雑な関係がテーマで離婚のすすめのテーマで あるがどこまでこのドラマは中学生に有害情報を与えるだけである。ケータイ小説も男女の恋愛のもつれや純愛物も小学生や中学生は描かないでほしい。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中14

10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。コドモのコドモ」を見たは私は非常に悪質な作品だと思います!タイトルは『コドモのコドモ』だけど、大人向けの内容だと思いました。今の世の中をまったく表現できていません!!子供たちは優等生風であり現実の子供らしくなかった。ちょっと変なことを言ったら仲間はずれになっちゃうとか。弱いといじめられるとか。こーいうのは昔もそうだったと思うけど。子供の世界はまったく表現できていないと思う。それに、大人の世界も。情熱はあるんだけど、いまいちうまくいかない若手教師とか。モンスターピアレンツ的発言もありましたね。親側の。勝手なことばかり言って、人を助けたり、支えようって気持ちがまるでないのは、今の世の中にもあてはまりません思いました。昔も今も親が子を思う気持ちは変わりません。八木先生は現実にはいない教師で現実の世界なら即、首になります。親のモンスターピアレンツ的発言が本当は現実的です。さてさて。肝心のはるなちゃんはとても子供らしくてかわいかったですがかわいいぶんこの映画はマイナス要因に働いた。身長が132cmしかなかった5年生では出産は帝王切開手術でも命がけになり大変なのです。出産状況からは母子ともに即死状態になるはずですがこれが安産なのであきれてものが言えません。語尾に~だし ってつくのが今時ですかね。子供は子供だから、後先のことまで考えられないけど、でも、その時その時一生懸命になってみんなで協力していく姿はこれは思い返せばまねをすると大変な危険なゲームになる思いました。子供には見せられた映画ではありません。心の中に怒りが爆発する映画でした。お母さん役の宮崎美子ほど自分の娘の妊娠に全く気がつかない悪質な母さんです。デトロイトメタルシティの時もいいお母さんとは大違いです。笑顔がステキな、あんなお母さんとは裏腹に悪質なお母さんに腹が立ちます。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して申告に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。産んだ後どうなるのか、あの女の子は、あの父親の男の子の人生は男の子が18歳になるまで2人は待ち続け、必ず結婚するのかどちらかの親が不自由なく育てればそれでいいのか赤ん坊はどんな環境でどんな問題を抱え、どれだけの精神的ダメージを受けながら育つ可能性があるのかとりあえず赤ん坊を死なせるような事が無ければそれでいいのか?人とは、社会とはそれでいいのかそれらを思えば、子供たちが協力して子供を取り上げるシーンが素晴らしいなど簡単には言えないはずだ、まともな大人なら。自分の子に性の目覚めるままに行動させ、生きさせて、責任も何も考えさせないのか。子供に良い映画だったと言うのなら産む事=命を大事にする素晴らしい行いだなどと考えさせるのは止めてもらいたい。これを見た小学生中学生に、「私ももし妊娠したら産みたい」なんてセリフを言わせるのではなく自分の歳で「もし妊娠したら…」などという事は絶対にあってはならないんだと教えてほしい。一つの命に責任を持って自分で育てていく事が大切であるからこそです。たとえ真剣にお互いが好き合っていても、今その思いのままに性行動する事、妊娠する事は愛でも何でもなく、互いを思いやれない無責任な行為なのだと私は子供に教えたいと思う。そのような事を考えました。この映画は大人の不甲斐無さはそれなりに描けていたけれど何かもう一つ抉れていない事と見る子供に、最後まで「命」が大事ならこうなってはならない本当に「命」と「自分」を大切にするならばこれではいけないという事がいまいち伝えられない表現のままでなにか、「これでもいいのだ」といった感じで美化したままに終ってしまったのが残念だと、私は思いました。。「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 

ローグ 火炎陣5盗作とDS10狩り

 投稿者:mmo  投稿日:2009年 1月18日(日)15時41分26秒
  RO、ローグで火炎陣5を盗作し、月光剣でSPを補充する狩りをしてみました。RO動画キャプチャ&エンコテスト。追記3/27:再生ありがとうございます。誤解を招く表現でした。
「DS10と火炎陣5盗作」→「火炎陣5盗作とDS10」に直しました。
http://www.wokutonoken-online.com/blog/play.scr

http://www.wokutonoken-online.com/blog/play.scr

 

中学生の性が大荒れの恐れフジテレビ放送中、松竹映画上映中、保護者に警報「赤い糸」リポート13

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2009年 1月18日(日)12時39分17秒
  今日の愛媛新聞「ヤング落書き帳」にまた危険な恋愛記事が掲載された危険恋愛記事そのまま掲載。

=彼氏と出会って人生観変わった まりん(16)=

8日付「大好きな彼氏と過ごす幸せ」の深兎さん。私も今つきあっている彼氏がいます。彼はいけないことはいけない、頑張った時はほめてくれたり、いつも私を受け止めてくれます。そんな彼とはちょうど1年前に出会いました。友達からの紹介で軽い気持ちでメールをし始めたのが始まりでした。どうせたいしたことにはならないな、と考えて特に何も考えていませんでした。しかし最初はそういうふうに思っていた彼も今では大切な存在です。彼と出会ってから前向きになれたし、頑張ってさまざまなことに挑戦するようになりました。今までと人生観が変わりました。こんなふうに日常の出会いはたくさんあると思います。皆さんも出会いを大切にして毎日を過ごしてみてください。きっと何か変化が生まれると思いますよ。(松山市・女子)

この少女は付き合って1年にもなる彼氏がいることはもう性交渉まで行っている恐れは十分にある。「今までと人生観が変わりました」という言葉に危険性がある。恋愛記事投稿は異性の興味はあるかという返答に男子は女子の5倍も強いことがアンケート調査で分かった。先に異性に恋心を抱くのは男子のほうである。女子は最近はやりのお笑い芸人さえ幻滅している(特に女子のお笑い芸人)こともアンケートで分かった。愛媛新聞ヤング落書き帳」は少女コミックの恋愛コーナーのようなものであり、新聞で毎朝駅で新聞を買って目を通すのは多くの人は教員であり学校でも職員室にはいつも愛媛新聞は置かれているのである。このために学校の先生たちからは「ヤング落書き帳」には強い反発がある。松山市は人数が多く操作は困難だが松山市はアンケート調査は徹底している。女子ばかりの投稿記事、フェミニストやジェンダーフリーの塊のようなフェミニスト、こんな子供の恋愛記事を掲載されると今の愛媛の教育とは正反対であり子供にけじめがなくなりフリーセックス化して大きな少子化の超加速に結びつくと危惧している。

=ヤン落デスクから=

寒い季節も、彼氏がいるまりんさんは温かく過ごせているんでしょうね。彼との出会いは人生観まで変えたといいます。

記事の内容も奥深く考えないヤン落デスクのコメントもいい加減である。女子ばかりの恋愛記事を毎日のように掲載して子供の性の暴走に輪をかけている。

「赤い糸」は映画もテレビドラマも起こりうる出来事の全てが唐突過ぎて『何故そうなったのか?』と、いう部分で説得力に欠ける。現実にいる本当にいる中学生なら警察どころではなくマスコミにも取り上げられて大事件に発展する。中学生ではありえない出来事オンパレードで義務教育中の中学生には有害情報を与えるばかりで受験や少年式を迎える中学生には純愛自体も現実には無理なのだ。今の子は発達していて進んでいるというのはこれは性教育の関係者、性教協や日教組や野党など性教育推進派が騒いでいるから騒ぎ。終戦後昭和20年は日本人の平均身長は17歳で男子が157cm女子は146cmだったが1970年で男子は170,4cm、女子は157cmになった初経や精通もそれズレ1年早まり女子の初経は12,9歳、男子の精通は13,1歳となった。1985年に男子は172,5cmで1cmの伸びしかない。女子は158,5cmで1,6cmしか伸びがなくここが日本人の成長の限界となり現在では1985年から身長も体重も伸びていないのだ。初経は女子が12,6~7歳とわずかに一カ月早まったが1985年からは変わっていない。男子は精通年齢は何と1970年よりも遠慢化しているのである。今の子は発達が早いというのは性教育により作り出されたものなのである。性教育が始まり十四の性の価値観や性のモラルは1970年の女子高校生の100分の1以下になったといわれている。映画は何一つ共感できない。原作を読んでるか読んでないかで評価が分かれるだろう、原作知らないとドラマと映画やテレビの大きな変化はわからないのだ。原作ドラマは中学生編、高校生編、社会人編と別れている。社会人編「赤い糸precious」でやっと一般人の発達段階にドラマは追い付いている。高校生編「赤い糸destiny」では性描写は児童ポルノほうがやかましきなり嘘のようになくなっているがやはり発達段階は超えている。過激な性描写があるのは中学正編「赤い糸上・下」であり、ここでドラマは終わらせることはできるがテレビドラマや映画化はできなかったろう。「赤い糸」では檀氏の主役は淳史ではなく後半は陸なのだ。高校生編「赤い糸destiny」からははっきり主役は男子も淳史になってくる。物語の途中から始まって、途中で終わるみたいな感じだ。私はドラマも見てるし、原作も読んでたので楽しめるどころか批判論を書くために見ている。最後の淳史と芽衣がさよならを言って、別々の道に歩いていくのは、なんでなのだ?もう2人の恋はうまくいくことは分かっている。溝端くんや南沢さんは二人ともこのドラマには不向きであるファンの方は多くは分かっているがなんといっても中学生という義務教育年齢の設定に大きな無理がある。この物語は、すごい切ないというがどこがせつないのか全く分からない。しかも、芽衣役の南沢奈央は高校生も飛び越えて大学生約のほうが似合う役者である。淳史役の溝端淳平は大学生か社会人約のほうが似合う。私は、まったく感動できないし、「赤い糸」事態が駄作の映画である大きな無理を感じる。作品をこまめに見て非難論が十分に書けるように浸ってしまったのか、帰りながら振り返ってみるとストーリーに入っている要素は、従来の携帯小説とかなり改変されている点が多い。陸軟化の改編は悲惨である。悲恋とか死とか。決定的に違ったのは、露骨にお客様を泣かしにいくかいかないか。登場人物が死んだり、失恋したりするシーンばかりである。ダラダラドラマをひっぱりしすぎである。一瞬で、場面転換する方式もよくない。だから、どんな思いだったのだろうとか、ここから場面転換までの間に、なにがあったのだろうかとか、想像を膨らましても何せ設定が中学生、本当の義務教育中の中学校の出来事なら大事件である。つまり、空想世界が、無限に広がってしまって、結果として、お客様は勝手に、登場人物たちの感情を深く考えてしまい、感極まってしらけてしまい感涙する場面もない中年男性が多かったから仕方がないか。ただし製作側が、そこまで計算をしていたかというと、それは疑問です。テレビも同時進行しています。わたしは、まず原作小説5部作をこまめに読みテレビドラマや映画を見て感想を書いている。前日放送分含めテレビドラマも鑑賞して、公開前のテレビ分から、映画後のテレビ分につなげるために、映画の2時間の尺は短すぎる。だから、総集編のようにダイジェストっぽくなっている。となると、テレビでは深く掘り下げ、見ている側が「しつこいよ」と思うようなシーンであっても、映画ではサラッとしている。「恋空」に比べるとドラマも味気ないという人が多く中学生という設定に大きな無理があるという人が圧倒的に多かった。映像で描かれない見えない部分は、お客様に想像してもらうしかなくなり、それが膨らみ変な方向に行ってしまう。苦肉の策が、まったく裏目に出た感じである。フレッシュな役者も中学生という無理な設定でぶち壊れてしまった。南沢奈央さん。『山桜』『シャカリキ!』映画2作連続でパッとせず、「赤い糸」でもぱっとしない、テレビのスケールがフィットするんでしょうね。悲鳴の声質など、細部で気になる点はありましたが、すんごくなっとくできなかったです。役柄の行動には、男性として、理解できない部分もありました。岡本玲さん。実は同作、若いお客様を動員する上で、キーになるのは彼女だと睨んでました。ずばり、それは『恋空』主役、新垣結衣さんと同じニコラモデル出身者で、ガッキーの記録を塗り替えるほどの、人気を獲得していたから。『憐』『仮面ライダー キバ』と真面目で、どちらかと言えば暗い役ばかり。今作、髪の毛の色も変え、みんなのムードメーカーで、明るい甘えん坊役。はあっていません。笑顔は作られた笑顔です。悲しい表情の上手さはこれまでの作品の中でも最低です。何のために出演したのかわかりません。石橋杏奈は完全に期待外れ。『きみの友だち』主役で、かなり期待してたんですが、セリフ・カメラ映りともに、パッとしませんでした。自分と同年代の、いい子ちゃん役。普通すぎてやりにくかったのかもしれません。涙を拭き、鼻を啜りながら、上映終了。となる映画が全く逆で映画が終わると中年おじさんたちが多くすぐに席を立たってしまった。10分足らずで映画館は空っぽになった。あれこれと、映画の感想を話してるんです。いやぁ、こん菜くだらない映画の感想は初ですよ。作品にもがっかりしましたけど、この光景にもがっかりしました。中学生という無理な設定で中年のロリコンおじさんを狙った映画は良くないですね。「これ、テレビ見てないと、わかんないよね」映画観る人もなにがなんだかわかりませんよね?批判を大前提に、作品はフルスロットルで進み、登場人物のつながりや、描写はほぼカットされています。が中学生に喫煙や飲酒、ドラッグと有害情報を注ぎ込みすげです。予告編を何回も観ているか、テレビを見ていないと、さっぱりわかんない。定期購読している愛読雑誌では、評者全員が★で大酷評でした。いやぁ、これも初めてです。映画の続きは、引き続き、テレビドラマで観手も仕方がないですみんなネタばれです。ラストは社会人の成長した芽衣と淳史は結婚して妊娠して子供も授かり最高のプレゼントとなり完全なハッピーエンドなのです。「赤い糸」は「恋空」も駄作でしたが。「赤い糸」はその何倍も駄作です。

引き続き警戒、まだ11館が上映中、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画気をつけよ保護者達「コドモのコドモ」上映中13

この映画を制作した人たちは、いったい何を考えてこの映画を製作したのだろう。女子高校生が主人公の「恋空」でさえあれほど批判を受けているにもかかわらず、今度は小学5年生の少女の妊娠ですか?最近、週刊誌の記事を読んでショックを受けたことがあります。アジアのある貧しい国で幼い少女達が売春をして妊娠・・ まだ幼いのに子育てを強いられ、そしてその子供を養うためにまた売春をしなくてはならない・・しかも少女を買う客の多くが日本人だとか・・(日本人としてホント恥ずかしい・・)妊娠してしまった少女達の多くは、難産のため死んでしまうのですよ。体が成熟していないのに妊娠なんてもってのほかですし、奇跡的に無事に産まれたとしても、いったい誰が責任をもって子供を育てるのか?しかもこの映画について監督は「ファンタジー」と言ってるんだとか・・この映画を観て小学生の女の子達が真に受けたらどうするんですか?言いたいことはまだいっぱいある生理がはじまる小学生の高学年女子に性教育が必要なのは当然ですが男子には性教育小学生では必要ではない。この映画の内容では性教育にもなっていません。この映画はぜったい小中学生の少女達に見せてはいけません。映画を見た私は強く強く抗議します!しかもジェンダーフリーの映画として作成されるのだ。ジェンダーフリー=悪である前提で、「コドモのコドモ」も悪であるという暗黙の指摘「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。「くっつけっこ」を見ることで、子供が悪い影響を受ける、という指摘。小学生どころか、18歳以下でも妊娠は危険です。こういった現状を見ても、子供が子供を産むことの素晴らしさなんて、言えるんでしょうか?制作に対する批判。11歳の少女に子を産ませなければ愛を語れないほど貧弱な人間観しか持っていないといえるのではないか?「くっつけっこ」を見た子供たちがどのような方向に流されるか? そういう簡単な洞察力も持ち合わせていない。正直、この制作グループに乗せられてこのような映画を嬉々として持ち上げ、賞賛、宣伝してきた人々の余りにも軽率で軽薄な単細胞ぶりに驚くばかりである。小学生の子供に、「くっつけっこ」と称する性交をさせ、妊娠、そして出産・・・。どう考えても、これって【児童への性的虐待】ではないですか。それを映画撮影という理由で、幼い子供に疑似体験させるなんて、大人のエゴとしか言いようがありません。この映画には、たくさんの子供たちがオーディションに参加し、その中から役が決められたそうですが、子役の親たちも、どういう映画なのか、その内容をちゃんと分かってたんでしょうか。分かって我が子を送り出したとしたら、子役の親達にも問題があるのではないか・・・と思います。ヒロユキのような小学生の父親は世界でも一人も確認されていない。10才の小学生同士の性交で妊娠という設定自体にも億な無理がある。しかも5年生になればみんな子供が作れる体になりうちの子も子供を作ってもおかしくないという性教育的にも大きな誤りのメッセージがある。コドモのコドモ」を見たは私は非常に悪質な作品だと思います!タイトルは『コドモのコドモ』だけど、大人向けの内容だと思いました。今の世の中をまったく表現できていません!!子供たちは優等生風であり現実の子供らしくなかった。ちょっと変なことを言ったら仲間はずれになっちゃうとか。弱いといじめられるとか。こーいうのは昔もそうだったと思うけど。子供の世界はまったく表現できていないと思う。それに、大人の世界も。情熱はあるんだけど、いまいちうまくいかない若手教師とか。モンスターピアレンツ的発言もありましたね。親側の。勝手なことばかり言って、人を助けたり、支えようって気持ちがまるでないのは、今の世の中にもあてはまりません思いました。昔も今も親が子を思う気持ちは変わりません。八木先生は現実にはいない教師で現実の世界なら即、首になります。親のモンスターピアレンツ的発言が本当は現実的です。さてさて。肝心のはるなちゃんはとても子供らしくてかわいかったですがかわいいぶんこの映画はマイナス要因に働いた。身長が132cmしかなかった5年生では出産は帝王切開手術でも命がけになり大変なのです。出産状況からは母子ともに即死状態になるはずですがこれが安産なのであきれてものが言えません。語尾に~だし ってつくのが今時ですかね。子供は子供だから、後先のことまで考えられないけど、でも、その時その時一生懸命になってみんなで協力していく姿はこれは思い返せばまねをすると大変な危険なゲームになる思いました。子供には見せられた映画ではありません。心の中に怒りが爆発する映画でした。お母さん役の宮崎美子ほど自分の娘の妊娠に全く気がつかない悪質な母さんです。デトロイトメタルシティの時もいいお母さんとは大違いです。笑顔がステキな、あんなお母さんとは裏腹に悪質なお母さんに腹が立ちます。日本では14才の出産は悪魔の教育となった性教育の影響で激増している。1970年は9件だったが2006年は42件、2007年は43件だが小学生の出産はここ十数年間も起きていない2007年の43件は中3の14歳と中2で41件、中1が2件あったが小学生の出産は0件だった。中3の14歳と中2は毎年40件前後、中1は毎年2~5件の少女の出産が起きているが、小学生の出産は0件である。起きていない問題にもならないことを映画化して申告に問いかける事態が「コドモのコドモ」は大きな問題があると思う。
 

レンタル掲示板
/18