teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ~Playback Final~(16)
  2. ~プレイバック夏神奈川~(44)
  3. 2015年・夏/東海大相模優勝記念(15)
  4. 速報スレッド(101)
  5. 全国高校野球スレッド(387)
  6. メモ(3)
スレッド一覧(全6)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


へんしんです

 投稿者:ベイダー  投稿日:2016年 5月26日(木)00時41分32秒
  横浜は惜しくも準優勝。大会を通じて藤平投手が連投、石川投手が完投を経験できました。全く打てない試合がなかったので、打撃は悪くなかったのだと推測します。一方で、安打数の割に得点が入らない試合があり、小技を含め、連動した攻撃ができるようになるでしょうか。

決勝は序盤に離された展開となり、点差を上手く詰められなかったようですね。最後に味わった苦い経験を夏につなげてもらい、更なる強力なチームになってもらいたいです。四連戦、お疲れ様でした。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆高校野球大好きさん
連日のスコア掲載、ありがとうございました。平田監督の談話を読む限り、収穫があったようですし、良い経験が詰めたことは間違いないと思います。あとは隙というのか、細かい部分を埋めていくのか、力で捩じ伏せる路線が貫かれるのかが気になります。
 
 

横浜高校お疲れ様でした!

 投稿者:高校野球大好き  投稿日:2016年 5月25日(水)12時44分2秒
編集済
  前育 002 030 000 5 H7 E0
横浜 000 000 100 1 H8 E0

前育バッテリー 佐藤ー森田
横浜バッテリー 石川(5回まで)白井(6回1イニング)藤平(7回~)-福永

横浜高校の皆さん、本日は残念でしたが、本当にお疲れ様でした!
荒井監督率いる前橋育英はさすがに強いですね!
でもお互い目標は夏の甲子園の全国制覇だと思います!
横浜にとってはいい経験になったのではないでしょうか?
でも、他校も黙っていないでしょうし、今から夏の神奈川大会が楽しみです!

連続投稿、失礼いたしました!

 

横浜高校強い!

 投稿者:高校野球大好き  投稿日:2016年 5月24日(火)14時40分59秒
  横浜 530 001 4   13 H21 E0
日航 000 000 0    0 H2 E2
(7回コールド)

横浜バッテリー 藤平ー徳田
日航バッテリー 佐藤(1回)片岡(2回~)-片野

※1回表に横浜藤平君に3ランホームラン

今日は、本当に強い勝ち方だと思います!
群馬は暑いと思いますが、神奈川の夏の大会は過酷ですので
暑い中、いい経験してる?と思います!
明日の決勝も頑張って、是非優勝してきて欲しいと思います!
 

今日の横浜高校!

 投稿者:高校野球大好き  投稿日:2016年 5月23日(月)12時55分52秒
  黎明 010 000 00   1 H5 E1
横浜 200 000 06x  8 H12 E2
(8回コールド)

黎明バッテリー 川口(7回2/3)高橋(0/3) 十和田ー谷、太田和
横浜バッテリー 藤平ー徳田

結果しかわかりませんが、8回の集中打はさすが横高で強い勝ち方だと思います!
千葉黎明も常総を大差で倒してきたので、どうかなぁっと心配でしたが、
勝てたので良かったです!
明日も、頑張って下さい!
 

関東大会&へんしんです

 投稿者:ベイダー  投稿日:2016年 5月22日(日)16時43分30秒
  県勢の初戦は1勝1敗でした。横浜の準々決勝は千葉黎明(千葉2位)との対戦ですね。

日大は3安打に封じられて惜敗だったようですね。相手のミスを待つだけでは県外レベルに勝てないので、この経験が夏に生きればと思います。森井投手は関東一を相手に2失点。試合中の波を抑えることができ、手応えを掴んだようですね。お疲れ様でした。

横浜は攻守でミスがあり、重たい展開だったようですね。近年はこういう展開で負けを重ねた県勢ですが、勝ち星を拾えて一安心。石川投手が完投勝利を飾り、春の県大会で果たせなかった課題をクリアできたようですね。明日も吉報が届くことを願っております。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


◆高校野球大好きさん
スコアの掲載をありがとうございました!。両校とも課題と収穫を掴んだようなので夏に生かしてもらいたいですね。内容はどうあれ、横浜はもうひと試合を経験できるので良かったと思います。
 

横浜高校勝利!

 投稿者:高校野球大好き  投稿日:2016年 5月22日(日)12時33分30秒
  健大 001 000 001 2 H7 E0
横浜 000 002 01X 3 H13 E2

健大バッテリー 石毛ー小野
横浜バッテリー 石川ー福永

初戦突破 おめでとうございます!
でも、横浜関係者からしたら、満足できる内容ではないと思いますが
夏の大会は内容よりも勝つ事が大事ですが(あくまで個人的ですが・・・)、
春の大会ですので、勝敗もそうですが、いろいろ収穫してきて欲しいと思います!
 

日大ー関東一結果

 投稿者:高校野球大好き  投稿日:2016年 5月21日(土)15時53分40秒
編集済
  日大 100 000 000 1 H3 E1
関一 001 001 00X 2 H5 E0

日大バッテリー 森井ー宮田
関一バッテリー 佐藤奨ー佐藤佑

投手戦でしたが、長打の差?で日大は敗れました!
森井投手もよく抑えたと思いますが、
関東一のピッチャーが良かったんだと思います!
日大高校お疲れ様でした!打撃を鍛えて、夏頑張って下さい!

イニングの所にバツを打ったつもりですが
なんで?がでるんでしょうか?(笑)
(アルファベットのXで解決しました!すいません!)
 

へんしんです

 投稿者:ベイダー  投稿日:2016年 5月20日(金)22時02分10秒
  明日から関東大会が開幕。観戦には行きませんので、速報はありません。観戦に行かれる方はお気をつけて楽しんできてください。横浜、日大にとって、収穫がある大会になることを願っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

◆よこなんさん
今年も告知をしていただきありがとうございます!。いよいよ夏が来るのだと実感しますね。母校は二桁の新入部員が入ったとのことで良かったです。とりあえず一安心ですね。
 

甲子園をめざして

 投稿者:よこなん  投稿日:2016年 5月16日(月)12時47分41秒
  今年も今日から始まりますね。
「甲子園をめざして」
ラジオ日本(1422kHz) 12:35~
トップバッターは、新羽高校、日大藤沢
放送スケジュールは、同局のホームページで確認できます。

※母校は一年生が二桁入部し、合同チームは回避できそうです。
 

へんしんです

 投稿者:ベイダー  投稿日:2016年 5月 4日(水)01時08分10秒
編集済
  春が終わり、あっという間の1か月間でしたね。春はテストなどとも言われるものの、全力で勝ちにいくことが一番の薬だと実感する大会でした。今年は特にそう感じています。関東大会は初戦の相手が決まったようです。横浜が健大高崎、日大が関東一。近年の関東・東京勢で巧みな試合運びをする両チーム、甲子園での実績も申し分がありません。良い経験が積めるでしょう。

------------------------------------------------------------------------

◆libertadさん
ご丁寧にありがとうございます。仰るように、最短だと準々決勝での再戦の可能性がありますね。それは避けてほしいですが…。

◆アレックスさん
そうですね。第2シードにネームバリューがあるところが集まりましたね。ここの振り分け次第では、また片寄った組み合わせが生まれるかもしれませんね。あとは第3シードの平塚学園がどこに飛びこむかでしょうか。

◆くまぞーさん
観戦お疲れ様でした。観戦記ありがとうございます!。仰るように、横浜は引っ張りの意識が強いのか、フルスイングする選手が増えましたね。パワーの面も強化に取り組んだようで、以前とは違ってきました。森井投手は最速ならば、130km後半は出ているかもしれませんね。関東大会で、試合巧者の関東一を経験できることは大きいと思います。

◆高校野球大好きさん
どうしても昨年の相模と見比べてしまいますが、昨年の相模は隙の無さが凄かったなぁ、と思います。ただ、今年の横浜にも同様の潜在能力は感じます。仰るように、あとは守備と走塁などの緻密な部分が詰められるかだと思います。

◆Owlsさん
お久しぶりです。仰るように、横浜が目標に掲げていた全国制覇を成し遂げるには、攻撃力のアップが不可欠ですね。昨年の相模は相手を一気に呑み込む集中攻撃がありました。この点ではまだまだ向上の余地があると思います。
 

2016.04.30@保土ヶ谷②

 投稿者:ベイダー  投稿日:2016年 5月 4日(水)01時08分1秒
  [準決勝]
横浜|200|011|100|5|
慶應|000|000|001|1|
(横)石川1藤平10
(慶)木澤10森田1柏木11

<記録>
横565411017
★安四三犠盗併WP失残
★打死振打塁殺PB策塁
慶8314000029

[二]矢澤(慶)
[走塁死]7表(横)
[盗塁死]1裏(慶)
[牽制死]4裏(慶)
[振り逃げ]7表(横)

*手元集計のため、公式記録と異なる場合があります

◆試合詳細:http://g-k-89.jugem.jp/?eid=315

------------------------------------------------------------------------

慶応は打順を入れ換えて臨んだ一戦。前半は苦しんだものの、終盤はポテンヒットも含めて応戦しましたが、5点差は大きかったです。8安打のうち6本が逆方向など、センターから逆方向に打ち返す意識が感じられました。一方で、13三振を奪われるなど、ストレートに振り遅れることが目立つ。綿引選手、大串選手、正木選手の三人で7三振を奪われ、ポイントゲッターの連動が断たれてしまいました。打線全体が振る力を如何に上げられるでしょうか。守備は、二遊間の左右の動きが相変わらず素晴らしい。(二)矢澤選手の華麗な身のこなしが印象的でした。

木澤投手の球威と横浜の力勝負が楽しみでした。しかし、立ち上がりからストライクを取るのに苦労してしまい、許した四球が4個。ノーヒットで2点を献上するなど、まさかの1回での降板でした。今年の神奈川には素晴らしい本格派右腕が何人もいます。その中、球威、投げ下ろす角度という点では、この投手のストレートが一番だと感じました。このままでは終われないでしょうし、夏は実力を出しきる投球が見たいです。

森田投手(2年)は二回から登板。準々決勝の桐光戦、最終回のピンチを乗り越えた経験が自信になったのか、キレのあるボールで好投。ストレートは140kmに迫る勢いがあり、スライダーもキレがありました。左打者にはツーシーム?を投げていました。このボールを7回表の一死一塁、カウント2-0から4番村田選手に捉えられてタイムリーを浴びる。スライダーのように、絶対的なものに磨きあげられると楽しみです。課題と手応え、収穫が多い春だったと思われます。

鎌学、法政二に辛勝と苦しいスタートに始まり、準々決勝で桐光に競り勝ち、横浜には完敗、と内容が濃い春だったと思います。3回戦と準決勝では印象が大きく変わり、大会中の成長が大きかったのではないでしょうか。それもこれも試合に勝ったからこそ、得ることができた経験が大きいのだと感じています。横浜を体感できたことは大きな財産になるのではないでしょうか。近年は消化不良のような負け方が多い夏ですが、ひと味違う戦い振りが見られるのではないかと期待しております。

------------------------------------------------------------------------

横浜は相手に貰ったチャンスを得点に結びつけ、得点を重ねて快勝。送りバントで得点圏に走者を三度進め、何れも走者が生還。バントが確実に決まっていました。また一死一塁から盗塁成功、その走者がタイムリーで生還。3得点はノーヒットで稼いだもの。5安打と打ち崩したわけではありません。しかし、バントや盗塁を絡め、打てないなりに得点に繋げる、ソツのない攻撃が見られました。

決勝戦を含めた三試合を見る限り、打線は4番村田選手、5番公家選手、左右の強打者が絶対的な存在。あとのポジションは流動的です。石川選手と藤平選手は中軸以降にいるからこそ効いてくるという印象。戸堀選手、遠藤選手など、渋い脇役の存在がスパイスになっています。戦列を離れている増田選手が戻ると、ベストオーダーか組まれそうです。多くの選手を使い、選手層に厚みが出てきたように感じました。

石川投手は躍動感があるフォームの左腕。球速は135km前後ながら、キレがありました。13奪三振のうち、12個がストレートで奪ったもの。左右問わず、外角に制球されたストレートが素晴らしかったです。このボールと、左にはスライダー、右には沈む複数の変化球を混ぜていました。途中から緩いカーブを投げるなど、巧みな投球が見事でした。三振が多いこともあり、球数が140球を越え、最後はスタミナ切れになったのかもしれません。課題も残りましたが、エース級が二枚いることは頼もしいです。

ということで、県内では秋春連覇を達成。渡辺・小倉体制の頃の緻密な野球のエッセンスを引き継ぎつつ、自由にやらせる部分が増え、今はいい具合にマッチングしている印象です。複数投手制、選手起用のバリエーションなど、全盛期とは違う競争が好循環を生み出しているのかもしれません。まずは県外戦で1勝をあげ、昨年の相模のように収穫を得てもらいたいです。

誤解されるとのは嫌なので付け足しておきますが、全盛期の選手起用を否定しているわけではありません。全盛期の選手起用の理由は「なるほど」と思うもので、だから常勝軍団が築き上げられたのだと思っています。

------------------------------------------------------------------------
 

2016.04.30@保土ヶ谷①

 投稿者:ベイダー  投稿日:2016年 5月 4日(水)01時07分56秒
  [準決勝]
翔陵|300|020|000|5|
日大|103|010|04X|9|
(翔)関原10廣部20西澤1
(日)森井1

<記録>
翔1020011236
★安四三犠盗併WP失残
★打死振打塁殺PB策塁
日6102530018

[本]森山(翔)
[二]田中(翔)/須永(日)
[走塁死]5裏(日)
[牽制死]8表(翔)

*手元集計のため、公式記録と異なる場合があります

◆試合詳細:http://g-k-89.jugem.jp/?eid=314

------------------------------------------------------------------------

藤沢翔陵は四死球とエラーが全ての失点に絡み自滅。バッテリーエラーが二度、併殺プレーの一塁送球、三塁への(捕)牽制が大きく逸れるなど、ミスが悉く失点につながる。8回はミスの連鎖が止まらず大量失点を許しました。打線は、ファーストストライクから振っていく姿勢が変わらず、ファーストストライクのスイング率(カウント0-3、バントの場合は除く)が63%(20/32)。初回は先頭から4番森山選手のホームランまで、6球で3点を奪う鮮やかな攻撃でした。

敵失を含め、7イニングで先頭打者が出塁した。しかし、得点に繋がったのは2イニングのみでした。序盤は強攻策で流れを作り、中盤以降はバントで送る作戦に切り替えたものの、失敗が続く。送りバントの失敗が二度。バントを試みて決まらず、作戦変更が二度ありました。8回は敵失で無死二塁のチャンスを迎えた中、バントが空振り、飛び出した二塁走者が牽制アウトとなり、勝ち越すことができませんでした。

関原投手はアンダーハンド。初回は簡単にツーアウトを取ったものの、連続死球とタイムリーで失点。二回は先頭からヒット、四死球を許して降板になりました。地面スレスレから投げ込み、ボールのキレ自体は良いです。廣部投手は右上手からピュッとボールが来ます。前回に続き、制球が定まりませんでした。一死二塁から三者連続四球を許して降板となりました。

西澤投手は力投型の左腕。大体この辺りというところには制球できていたように思う。ストレート(130km前半くらい)は勢いで勝負という印象。日大の中軸の右打者に対して、内角のストレートで詰まらせていたのが印象的。変化球は左打者にスライダー、右打者に沈む変化球を上手く使っていました。細かい制球があるわけではないので、波があるようです。9回は制球を乱してビッグイニングを作られました。2年生なので、これからの成長が期待されます。

ということで、中軸に長打を打てる選手が並び、全体的にも甘い球を仕留めてきます。打撃は手応えを得た大会だったと思います。横浜投手陣との対戦は見てみたかったのですが…。バントの精度、守備など、浮き彫りになった課題を詰められるでしょうか。投手陣は波がある様子なので、綱渡りの要素があることは否めません。安定感が夏までに出てくるでしょうか。

------------------------------------------------------------------------

日大は四死球やエラーなど、相手に貰ったチャンスを得点に繋げて勝利。打撃はファーストストライクのスイング率(カウント0-3、バントの場合は除く)が71%(20/28)であり、前回の49%から上昇しました。一度の失敗があったとはいえ、送りバントの成功が五度。バントの精度が見事です。数年前までは、毎度のようにランナーがチョロチョロしてアウトになっていました。そういった無駄なミスが減り、試合運びに落ち着きが出ています。2013年の秋は関東大会に出場するなど、経験が生きているのかもしれません。

森井投手は右腕。2回戦、準々決勝と同じく、立ち上がりはボールが甘くなり、そこを捉えられて失点。尻上がりに両コーナーと、低めにボールを集めて立ち直りました。しかし、この試合では中盤、2回戦では終盤と、突発的に甘いゾーンにボールが集まってしまう傾向があるようです。試合を壊すことこそありませんが、ある程度の失点は計算済みで粘る、個人的に定着したイメージはこのようなものになりました。どれだけ投げ間違いを減らしていけるでしょうか。

投手陣は森井投手で押し通した秋と対照的に、桐蔭戦で好投した岩本投手、決勝戦で内角攻めが光った白須投手などが先発を経験しました。夏に向けて、収穫があったと思います。しかしながら、上位勢を相手にした際、投手陣はある程度の失点を覚悟することになりそうです。反対側から見れば、打線の援護が不可欠になります。打撃は翔陵・西澤投手、星槎・本田投手のストレートの勢いに振り負けていたことが気になります。

春に観戦した三試合、奇しくも相手の投手や守備が自滅して得点が入った試合でした。嵐の中の4回戦も内容は乱戦だったようです。相手のミスを突く攻撃が見事な一方で、自力で打開する攻撃力がどれだけあるかは未知数。ミスをしてくれない横浜戦は厳しい展開になりました。夏に向け、この辺りが進化するでしょうか。そういう意味で横浜戦、関東大会は良い経験が得られる機会に違いありません。収穫を得る大会にしてもらいたいです。

------------------------------------------------------------------------
 

春季県大会終了

 投稿者:Owls  投稿日:2016年 5月 2日(月)12時38分2秒
  お久しぶりです

春季大会は大方の予想通り横浜高校が強さを発揮して優勝しました
準優勝の日大高校と共に関東大会での活躍を期待したいと思います

春季大会の意義は夏の本番に近い公式戦で冬場の練習の成果のテストと
夏本番に向けての課題の洗い出しだと思います
そういう意味では横浜は実に理想的な春季大会になったと思います
藤平・石川のダブルエース制が確立し、3番手以降の投手も経験を積めました
打線も秋よりもパワーアップしています。しかし、惜しいチャンスを何度も逃すなど
夏に向けて攻撃の精度を上げるという課題が改めて認識されたと思います
ここら辺は何となく昨年の東海大相模と同じ課題だと思います
東海大相模は攻撃の精度を上げて夏の全国制覇を成し遂げました

日大と藤沢翔陵は秋に続いて春もベスト4以上の成績
着実に力をつけたのだと思います。日大の関東大会での出来は
神奈川大会全体のレベルを見る上でも注目されます
慶応も最初はどうかなと思いましたが徐々に調子を上げてベスト4入り
第一シードを確保したのも大きいと思います

東海大相模も山田投手が活躍して充実した投手力でした
打線は昨年よりも小粒ですが、実力的には横浜に次ぐ存在でしょう
第二シードの東海大相模がどこに入るかは組み合わせ抽選で最も注目です

ファンの方は残念がってるようですが、桐蔭学園はまずまずではないでしょうか?
確かに往年の強さはないものの中堅・準強豪クラスに無難に勝っています
もう少し投手力が安定してくると成績も安定してくると思います
攻撃力はそれほど悪くありません

逆に心配なのが桐光学園。どうも秋のような強力な投手力とはいきませんでした
打線がそれほど強力ではないだけに、秋の投手力復活が期待されます

横浜が戦力的には有利でありますが、まだまだ隙も多くあり、
他チームも伸びしろはあると思います。夏本番に向けて最後まで戦力アップを
目指して欲しいと思います


http://  

 

横浜高校優勝!

 投稿者:高校野球大好き  投稿日:2016年 5月 2日(月)09時56分55秒
  春の神奈川大会は横浜高校の優勝で幕を閉じました!
選手の皆さん、お疲れ様でした!
優勝した横浜高校は、確かに強いですが、夏の全国制覇を目標にするなら、
守備、走塁等の細かい所は、もう少し鍛えるべきかな?っと思います!
平田監督になって、緻密さよりも、選手がのびのびやってて良い部分もありますが、
横浜なら、夏までにさらに鍛えてくる事だと思います!

日大高校は、横高戦は大差が着きましたが、攻守にバランスのとれてる
好チームの印象です!強打の桐蔭打線を抑えたのは、岩本投手ですよね!
ナイスピッチングでした!
横浜、日大共、関東大会では勝敗もそうですが、有意義な貴重な経験を
してきてくれたらいいなぁっと思います!

夏は、横浜と相模の一騎打ち(個人的にそう思っています!)だと思いますが、
他校にも頑張っていただいて、夏の神奈川を面白くしてもらいたいと思いますし
期待したいです!

 

決勝戦

 投稿者:ベイダー  投稿日:2016年 5月 1日(日)15時26分10秒
  横浜|010|040|411|11|
日大|000|001|000|1|
(横)藤平、臼井、塩原、板川
(日)白須、岩本、山崎

テスト含みの選手起用の中で進んだ試合。地力の差がそのまま点差になりました。横浜の最後に投げた左腕、板川投手(1年)は今後が楽しみ。両チームともに、関東大会では良い経験を積んで帰ってきてもらいたいです。
 

横浜対慶應

 投稿者:くまぞー  投稿日:2016年 5月 1日(日)08時21分6秒
      11  2  1
横浜|200|011|100|5 H5 E1
慶應|000|000|001|1 H8 E2
     1   111  22

(横)石川8回1/3 8安打3四球 藤平2/3
(慶)木澤1回4四球 森田7回5安打2四球 柏木1回

★慶應・森田投手:外角への緩い変化球が良く、ナイスピッチング。ナチュラルにシュートするストレートも、右バッターの外角いっぱいや内角に上手に使っていました。
・慶應・木澤投手:ストレートの威力や落ちるタマのキレは良さそうでしたが、力みすぎたのか慎重になりすぎたのか、本来の投球ができず残念でした。もう少し見たかった。
★横浜・石川投手:ストレートの威力が増し、特に左バッターの外角、右バッターへの内角へのタマが良かった。ただ、高めに抜けるストレートと低めに外れるボール球も多かった。
・横浜打線:引っ張ろうという意識が強いのか、外角の変化球に対応できていませんでした。外角のタマに逆らわずに打とうとするバッティングが少なく、渡辺監督だったら、激怒しそうなバッティングじゃないかなと感じました。
 

日大対藤沢翔陵

 投稿者:くまぞー  投稿日:2016年 5月 1日(日)06時21分4秒
     3 1  31 1 1
藤沢|300|020|000|5 H10 E3
日大|103|010|04X|9 H6  E1
     111  1   2

(藤)関原(10)1回1安打3死球 廣部(20)1回1/3 1安打3四球 西澤(1)5回2/3 4安打4四死球
(日)森井(1) 9回10安打2四死球

・日大 森井投手は初回ストレートのみで勝負し、コントロールが甘く真ん中付近に入り1・2番に連続安打、3番レフトライナーの後、4番にスリーランを浴びました。その後からスライダーを交えた投球に変わりました。
★5回藤沢翔陵は9番西澤がスライダーに体勢を崩しながらもしぶとくレフト前ヒット。1番活田がショートの横を抜くゴロでセンター前。2番・3番凡退、4番死球のあと、5番田中がレフトオーバーのツーベース。見事な攻撃でした。
★藤沢翔陵の西澤投手(左)は2年生。右打者のインコースを突くストレートが良く、スライダーのキレも良く、右バッターにはチェンジアップも有効でした。
★日大・森井投手はスライダーと落ちるタマがいい。ストレートは130キロ後半(?)は出ていそうですがナチュラルにシュートする為、右バッターの外角を狙ったタマが少し甘くなります。そのかわり、左バッターの外角へのストレートは打者から逃げていく為、打ちづらそうです。
・藤沢翔陵は3回の4連続四死球とワイルドピッチなどで3失点。8回のフィルダースチョイス、送球ミスによるエラー2つも痛かった。
バッティングは良かったので、西澤投手が成長し、守備(送球やキャッチング)やバントを鍛え直せば、もっといいチームになりそうです。
 

お知らせ

 投稿者:ベイダー  投稿日:2016年 4月30日(土)17時18分45秒
  5月1日(日)に予定されている決勝戦はテレビで観戦します。速報はやりません。
 

準々決勝 映像

 投稿者:くまぞー  投稿日:2016年 4月29日(金)19時00分58秒
  野球小僧ホームページで準々決勝のハイライトシーンの映像が次々と掲載されています。
ベイダーさんのレポートを読んだうえで、映像も見ると一段と面白いと思います。

https://www.facebook.com/kokoyakyu.jp/timeline
 

第二シードが面白い!

 投稿者:アレックス  投稿日:2016年 4月29日(金)15時22分14秒
  ベスト4が出揃いました。
ここまで粘っこい戦いが目を引く藤沢翔陵と、戦力が群を抜く横浜が関東切符を手にすると予想します。

ところで、夏は第二シード校に強豪が多く、ここがどのゾーンに入るかが鍵を握るのではないでしょうか。とはいえ、投打とも横浜が充実しており、絶対的優位は動きません。ただし、まだ甲子園の土を踏んでいないこの世代が、そのプレッシャーに打ち勝てるかどうか、横浜のウィークポイントはそこだけでしょう。甲子園に出たら、優勝候補間違いなし。さあ、神奈川勢の2連覇なるか注目です。
 

/212