teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ~Playback Final~(15)
  2. ~プレイバック夏神奈川~(41)
  3. 2015年・夏/東海大相模優勝記念(13)
  4. 全国高校野球スレッド(388)
  5. 速報スレッド(96)
  6. メモ(1)
スレッド一覧(全6)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:76/4553 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2017.04.15@相模原1

 投稿者:ベイダー  投稿日:2017年 4月18日(火)21時39分53秒
  通報 編集済
  [1回戦]
SF|000|007|000|0 |7|
相総|203|100|001|1x|8|
(S)加藤1杉本10吉永4
(相)名古1

<記録>
S959200016
★安四三犠盗併WP失残
★打死振打塁殺PB策塁
相8110520108

[三]杉山(S)
[二]坂本(相)
[牽制死]5表(S)

*手元集計のため、公式記録と異なる場合があります

<スタメン>
【横浜SF】
1(右)鈴木
2(一)山中
3(遊)齋藤
4(中)田中
5(捕)杉山
6(二)吉永
7(左)柳澤
8(投)加藤
9(三)杉崎

【相模原総合】
1(右)網野
2(二)酒井
3(左)坂本
4(投)名古
5(捕)元重
6(中)青柳
7(一)星野
8(遊)佐々木
9(三)葉山

------------------------------------------------------------------------

横浜サイエンスフロンティアは5点ビハインドの展開をひっくり返したものの、終盤に力尽きる。6点を奪った6回は、打者が際どいボールに手を出さず、ファールで粘るなどして、四死球5個をよく選びました。打撃は非力な面こそ否めませんが、1・4・5番は甘い球を素直に単打で打ち返していました。守備は3回裏の2点タイムリーエラー、9回裏のバント処理時に一塁ベースが空っぽになるなど、要所のミスが響きました。

投手陣は背番号1の右腕・加藤投手、長身のサイドハンド・杉本投手と、四死球を重ねて崩れ、序盤にリズムを作れませんでした。試合を作り直したのが右腕・吉永投手。出所を隠してコンパクトに投げ込み、球速は120km台前半ながら打たせてアウトを重ねました。野手陣は捕れる範囲を堅実に捌き、逆転後は良いリズムで守っていました。こういうイニングをひとつでも多く作れるように、夏までに進化してもらいたいです。

------------------------------------------------------------------------

相模原総合は9回裏に追い付き、延長サヨナラ勝ち。序盤は相手の四死球、エラーに乗じて得点を重ねました。打線は120km台のストレートに力負けする場面が多々あり、非力な面が否めません。少し極端な言い方になりますが、来たボールを打つというよりも、振ったバットにボールが当たるかどうかという印象でした。その中で際立って良かったのが3番坂本選手。6打数4安打2打点、ストレートも変化球も捉え、凡退の打席も強い打球を飛ばしていました。楽しみな2年生の左打者です。

名古投手(2年)は出所を隠したフォームから、ストレートと緩く抜いた変化球で崩して打ち取る左腕。力を抜いて投げ、要所で125km前後に上げたストレートを投げ込んでいるようでした。右打者へのクロスファイヤー、意図してか外角へシュート回転する球はピュッと来ます。6回表は勝負球が決まらず、5個の四球を与えて苦しんだものの、7回以降は持ち直しました。全体的にボールのキレはこれからという印象なので、これからの進化を楽しみにしたいと思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:76/4553 《前のページ | 次のページ》
/4553