teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ~Playback Final~(14)
  2. ~プレイバック夏神奈川~(41)
  3. 2015年・夏/東海大相模優勝記念(13)
  4. 全国高校野球スレッド(388)
  5. 速報スレッド(96)
  6. メモ(1)
スレッド一覧(全6)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:53/4531 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2017.04.15@相模原2

 投稿者:ベイダー  投稿日:2017年 4月18日(火)21時39分56秒
  通報 編集済
  [1回戦]
川崎北|120|000|000|3|
川崎工|103|000|00X|4|
(北)清水1鈴木太20
(工)福井1

<記録>
北752111018
★安四三犠盗併WP失残
★打死振打塁殺PB策塁
工1006300007

[本]池永(工)
[三]枝(工)/清水(北)
[二]永野、清水(北)


*手元集計のため、公式記録と異なる場合があります

<スタメン>
【川崎北】
1(右)難波
2(二)荒井
3(遊)石井
4(捕)永野
5(左)南保
6(一)新明
7(三)弘中
8(投)清水
9(中)野村

【川崎工科】
1(捕)下地
2(中)長崎
3(投)福井
4(二)中森
5(右)池永
6(三)枝
7(左)高木
8(一)高澤
9(遊)久保

------------------------------------------------------------------------

川崎北は初回、2回と長打のタイムリーを放ち、幸先がよいスタートを切りました。2回裏、無死一塁から好機を広げた7番弘中選手のバスターは鮮やかの一言。ところが、逆転された後、3回に無死三塁、4回に無死1・3塁のチャンスを逃すと、以降はホームベースが遠い展開に。結果的には流れを掴み切れませんでした。対照的に、川崎工科は流れに上手く乗る勝ち方。初回はしぶとい当たり三本で1点。3回は連打の後、5番池永選手のスリーランホームランで逆転。以降はピンチを凌ぎ、見事な逆転勝利となりました。

川崎北・清水投手は長身のサイドハンド。球速は120km台前半、抜いたスライダーでタイミングを外す。細かい制球力があるわけではなく、のらりくらりと交わす印象を持ちました。4回からリリーフした鈴木太投手(2年)は小柄な左腕。5回を投げ、被安打2、四死球0、奪三振5の好投でした。球速は120km台前半で、抜いた変化球を混ぜる。外角や低めを丁寧に突く意図を感じられ、高めに抜けた球が良い釣り球になっていました。

川崎工科・福井投手(2年)はセットポジションから投げ込む右腕。前半は右打者の内角へ抜ける球が目立ち、速さはあっても軽く捉えられていました。ところが、逆転された効果か、尻上がりに良くなるタイプかわかりませんが、4回以降は別人のような投球を見せる。120km後半くらいのストレートが右打者の外角へビシッと決まり始め、横滑りのスライダーを混ぜて、力で押し切る形が増えました。粗削りな感じではありますが、この先が楽しみです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:53/4531 《前のページ | 次のページ》
/4531