teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ~Playback Final~(14)
  2. ~プレイバック夏神奈川~(41)
  3. 2015年・夏/東海大相模優勝記念(13)
  4. 全国高校野球スレッド(388)
  5. 速報スレッド(96)
  6. メモ(1)
スレッド一覧(全6)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:50/4531 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2017.04.16@保土ヶ谷2

 投稿者:ベイダー  投稿日:2017年 4月19日(水)22時05分17秒
  通報 編集済
  [3回戦]
川和|000|000|002|2|
星槎|100|101|20X|5|
(川)佐藤1古澤11相川13井上10
(星)本田1杉田13吉村18佐野10

<記録>
川310923100012
★安四三犠盗併WP失残
★打死振打塁殺PB策塁
星1101410106

[二]室岡(川)/小倉、神尾、松下(星)

*手元集計のため、公式記録と異なる場合があります

<スタメン>
【川和】
1(中)清水
2(左)大場
3(三)乘松
4(右)市村
5(一)竹田
6(遊)室岡
7(捕)篠崎
8(二)新井
9(投)佐藤

【星槎国際湘南】
1(中)小倉
2(右)有賀
3(捕)田島
4(一)松下
5(左)大城
6(遊)神尾
7(三)村岡
8(投)本田
9(二)金子

------------------------------------------------------------------------

川和はフルスイングをしてくる打線。本田投手のスライダーに対応できず、ストレートには力負けする場面がありました。春に屈指の好投手を体感できた経験を生かして進化してもらいたいです。守備はしっかりと踏ん張り無失策。(三)乘松選手、(遊)室岡選手が難しいバウンドの強い打球を、(左)大場選手は下がりながら伸びていく打球をしっかりと捕球しました。最終回は貰ったチャンスを得点に結びつける意地を見せるなど、夏に向けて得た収穫もあったと思います。

投手陣は緩急で勝負するタイプが揃っていました。佐藤投手は右腕から球速が120km前半くらい、低めの緩い変化球を上手く打たせる。4回はそのボールを狙われて失点したものの、先発として試合を作りました。5回からは出所が見えづらい変則右腕・古澤投手が登板。2回を投げ1失点も、被安打1、四死球0と役割を果たす。以降は左腕・相川投手、右腕・井上投手とつなぎ、トータル5失点で食い止める継投策でした。

------------------------------------------------------------------------

星槎国際湘南は秋と変わらず、攻撃はバントを絡めて1点を積み重ねていくスタイルのようです。5得点中3得点がスクイズであり、ツーランスクイズもありました。存在感が増したのは1番小倉選手(1年)。秋は巧く打つ右打者というイメージでしたが、初回にフェンス直撃二塁打を放つなど、力強さが備わってきた印象です。ツーランスクイズの際は二塁から本塁を陥れた走塁、ポテンヒットを走力で阻んだ守備もお見事でした。中軸の田島選手、松下選手と連動できるかが鍵を握りそうです。

本田投手は制球に苦しみました。ストレートとスライダーでカウントを稼げず、バッティングカウントで相手の打ち気を球威で上回るか、スライダーで透かす形が多かったです。七分くらいで投げ、勝負どころでギアが上がり、140km前後の球速が出ていました。これまで観戦した中で一番良くなく、原因はスポーツ紙によるとインフルエンザ明けとのこと。四回戦まで一週間の空きができたので、どこまで立て直してくるでしょうか。

杉田投手(3年)は打者に背中を見せてから振り抜く変則サイドハンド。球速は135km前後で威力十分です。昨春同様、ストライクゾーンに如何に投げられるか。大型左腕・吉村投手(3年)は制球に苦しみ打者二人で降板。投球練習時の球筋は中々でした。大型右腕・佐野投手(3年)は無死1・2塁で登板して2点を献上。そこから吹っ切れたのか、対角線上の135kmに迫るストレートがズバッと決まり、二者連続三振で締めました。左腕・石橋投手(2年)を含め、番手の投手が如何に本田投手の負担を減らせるか、夏の鍵を握りそうです。

------------------------------------------------------------------------
 
 
》記事一覧表示

新着順:50/4531 《前のページ | 次のページ》
/4531