teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ~Playback Final~(15)
  2. ~プレイバック夏神奈川~(41)
  3. 2015年・夏/東海大相模優勝記念(13)
  4. 全国高校野球スレッド(388)
  5. 速報スレッド(96)
  6. メモ(1)
スレッド一覧(全6)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:56/4651 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

横浜×秀岳館

 投稿者:ベイダー  投稿日:2017年 8月 8日(火)22時00分23秒
  通報
  【出場校平均】
★出塁率.438
★打 率.355
★長打率.514
★OPS 0.953
★BB/K 1.66
★IsoD 0.083
★平均犠打 2.63
★平均盗塁 1.55
★平均失策 0.80

★用語解説:http://6243.teacup.com/reisam/bbs/t5/1

データは週刊朝日の増刊号を集計して算出しました。
あくまでも地方大会のデータで判断したものであり、主観を交えた展望なので参考程度で御願いします。

------------------------------------------------------------------------------------

相手の方が格上ですし、「勝てればラッキー」というくらいの感覚が正直なところです。打撃でねじ伏せてくるのかと想像していましたが、どちらかと言えば二枚の左腕を中心に守ってくるタイプの印象です。データを見る限り、全くお手上げという訳でもありません。ただし、分析力に優れた相手なので、数字以上の強さがありそうです。横浜は投打で不確定要素が多いですし、どうなるでしょうか。

------------------------------------------------------------------------------------

まずは秀岳館の左腕二枚を打ち崩せるか。川端投手が全試合に先発して、田浦投手が救援するパターンが必勝のようです。川端投手は制球が乱れる傾向があるようなので、県大会で横浜が見せてきた「甘くなったところをガツン」を期待できるならこちらか。田浦投手は難攻不落という印象。如何に崩していくか。昨年の履正社・寺島投手に対しては、振り回すパワー勝負で完敗でした。今年はどう挑むでしょうか。

次に投手陣が如何に抑えていくか。打率は平凡ながら、相手は集中打が持ち味とのこと。板川投手はギリギリのところを突き、変化球やボール球で誘うタイプなので、四死球が多くなってしまうのは止むを得ないことでしょうか。秀岳館は追い込まれてからノーステップ打法を行うこともあってか、積極的にスイングするタイプが多い。それだけに、板川投手の誘う投球がハマる可能性がありそうです。そこは向こうも分析済みでしょうから、ハマるのか、見極められて追いつめられるのか、どちらに転ぶでしょうか。

------------------------------------------------------------------------------------

ということで、昨年の履正社戦の如く、序盤に投手陣が崩れて後手に回ると苦しくなるので、投手陣の粘りが命運を握りますね。総力戦で何とか5点以内に抑えて、あとは打撃陣に懸けるという感じでしょうか。打線は長南選手、山崎選手、斉藤選手、万波選手、4人の2年生が増田選手を孤立させない働きをできるか。下位は板川投手も打撃が良いですし、強いときのように下位の繋がりを期待します。初戦から難敵との対戦ですが、持ち味を発揮してぶつかってもらいたいです。とにかく攻守で粘り強く。吉報が届くことを願っております。

------------------------------------------------------------------------------------
 
 
》記事一覧表示

新着順:56/4651 《前のページ | 次のページ》
/4651